人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年2月15日

パナソニック主将・坂手淳史は闘志満点。チームの仕上がりに自信「開幕から実力を出せる」

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

インタビュー動画

坂手淳史選手インタビュー|ラグビー トップリーグ2021 パナソニックワイルドナイツ

――ちなみに2023年W杯で、日本はイングランド、アルゼンチンと同組になりましたね。

どこの国が来ても厳しい戦いになるのは分かっていました。イングランドとアルゼンチンは本当に強いチームですが、勝ち切らなければベスト8、それ以上は見えてきません。まずはアピールを頑張っていきたいと思います。

例年にない準備期間が奏功。才能集団の連携は十分。

――チーム8年目の元オーストラリア代表監督、ロビー・ディーンズHC(ヘッドコーチ)がチームを継続強化していますが、昨シーズンから上積みした部分は?

一つひとつのプレー精度を上げたことです。

ディフェンスにも戦術はありますが、まず個人がタックルを決めなければ結果は出ません。アタックにしてもどれだけ良いシェイプがあっても、バラバラに動いてしまうと結果は出ません。

ディーンズHCは全員が同じ絵を見てひとつのものを作ることを重視する監督で、そうした精度の部分は浸透していると思います。

――今年はコロナ禍で準備期間が例年以上に長くなりましたが、チームの状態は?

モチベーションの維持が難しい時期もありましたが、現在はトップリーグに向かってもう一度チームを作っていく過程にあり、すごく良い状態です。

これまでのパナソニックは(日本代表クラスの合流後の)準備が長くても1か月前からでした。今シーズンはすごく長い時間を一緒に過ごしているので、コミュニケーションが取れています。開幕から実力を出せる自信があります。

――学生時代とリーダーシップの取り方は変化しましたか?

全然違いますね。パナソニックには経験のある選手がたくさん揃っているので、みんなの経験を合わせることが大事だと思っています。パナソニックはみんなが意見を出し合えることが強みです。

堀江さん、谷田部(洸太郎)さん、笹倉(康誉)さん、稲垣さんなど、多くのベテラン選手がいつも良いことを言ってくれますし、サポートしてくれます。

コロナ禍で生まれた趣味。相撲ファンの一面も。

――2020年シーズンはコロナ禍で中止になりましたが、その後のステイホームで新たに始めたことは?

家にいることが多くなり、コーヒーをいれたり、料理をしたりするようになりましたね。料理は食べたくなった時にお好み焼き、野菜炒めを作ったりしました。

コーヒーはもともと好きで、2019年のワールドカップ期間中も稲垣さん達とよくお茶に行って、コーヒーを飲んでいました。

稲垣さんはコーヒーをいれるのがとても上手で、趣味の範疇を超えています(笑)。家にお邪魔した時にいれてもらいましたが、とても美味しかったですね。ミルクの泡立ても上手で、ラテアートをしてくれました。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ