人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年1月19日

36年ぶり関西勢の優勝。初のラグビー大学王者に輝いた天理大学、優勝記念祝勝対談

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

ラグビー 全国大学選手権 決勝

【ハイライト】天理大学 vs. 早稲田大学

フィフィタ副将について指揮官は「攻守の中心で、大黒柱という感じで活躍してくれた。サンウルブズに行って、世界を知って、プレーも人間の幅も広がった。練習態度も特に真面目になりました。身体を絞って体脂肪が減って、身体にキレが出てきた。周りの選手にもいい影響があった。模範となってチームを引っ張ってくれた」。

「いつも彼がトライをして喜んでいた姿をご覧になっていたと思いますが、決勝はトライがゼロだった。それはチームの1つの象徴で、彼が起点となってパスをつないでという形が決勝に出た。私自身、この2人に感謝しています」と話した。

フィフィタ副将は、サンウルブズでスーパーラグビーを経験し、自分で行く時とパスをする時とプレーの幅が広がったことに関して「勝つために1番、必要だなと思っていました。試合前日のジャージー渡しのとき、僕が1番泣いていた。『明日は絶対、優勝カップを持ち帰る』とスピーチでも言った」。

「大学生活の最後の試合で周りを上手く使うのを意識していた。(決勝で)トライを取れなかったことはショックでしたが、周りを上手く使えたなと思いました」と納得した表情を見せた。

来シーズン、天理大学は関西はもちろんのこと、関東の強豪大学にも追われる立場となった。

小松監督は「怖いですね。やっぱり。あの明治、早稲田大学が関西の天理大学を意識して(やることになる)。昨年、一昨年は明治、早稲田大学に負けた悔しさがベースにあった。今後は向こうが、『打倒・天理』と思うのか、どうかかはわからないですが、目標にしてくる」。

「今の時点で、(天理大学は)いったん悔しさがなくなってしまったわけで、今後、どういうアプローチをして、次、チャレンジャーとしてどう挑戦するか、頑張らないと。勝ったのでハードル上がってしまったと思います」と冷静に先を見据えた。

大学卒業後、松岡主将、フィフィタ副将をはじめ、SH(スクラムハーフ)藤原忍、SO(スタンドオフ)松永拓朗(ともに4年)らは、トップリーグや新リーグでプレーすることになる。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ