人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年1月19日

明治大学、4年連続ラグビー全国大学選手権ベスト4。箸本組の戦いを振り返る

ラグビーレポート by 明大スポーツ新聞部
  • Line

松下忠樹主務(営4=明大中野)が4月当時に語った通り、選手は半数が帰郷し、モチベーションの維持に苦心した。

それでも10月に対抗戦が無事開幕すると、立教大学、青山学院大学、筑波大学を撃破。順調に白星を重ねる。11月に入り、強豪校との連戦が続く。慶應義塾大学に12-13と1点差で敗れたものの、次戦・帝京大学に勝利。伝統の明早戦では34-14で快勝し、22年ぶりとなる対抗戦連覇を果たした。

「主将として、応援してくれた方々に落ち込んだ姿を見せるのは嫌だった」。準決勝・天理大戦後、箸本龍雅主将(商4=東福岡)に涙はなかった。「楽しかったと全員が思える1年にしたい」。シーズン開幕前のインタビューで語った箸本。主将はその言葉を体現するように、グラウンド上では気丈に振る舞い続けた。

「心からラグビーが好きな、向上心の高い学年だった」(田中澄憲監督)。箸本や森、片倉康瑛(法4=明大中野)、山沢京平(政経4=深谷)など、下級生から出場し続けたメンバーをはじめ「箸本世代」は、入学前年、3回戦敗退に終わった明大を確実に上昇気流に乗せた。

「常に4強争いができるチームに」(田中監督)。彼らが2年次に経験した日本一を再現することは叶わなかったが、4年連続全国4強と明大を大学ラグビーの中心に引き戻した功績は多大だった。

「今までやってきたことを否定するつもりはない。切り換えて次に進みたい」(飯沼蓮・営3=日川)。冬を越え、春からは各ポジションで新たなメンバー争いが過熱する。成しえなかった4年生の思いもともにのせ、日本一への飽くなき情熱は次の世代に託された。

文/写真:上松凜助(明大スポーツ新聞部)

代替画像

明大スポーツ新聞部

1953年(昭和28年)創部。現在明治大学において唯一の学生新聞部。明治大学体育会43部の競技成績や、学内外の話題を幅広く紙面・WEBサイト上にて掲載、発信。 現在の部員数は56名。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ