人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年1月6日

ボーデン・バレット、現役オールブラックスのサントリー入団会見

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

ジャパンラグビー トップリーグ2021

大会概要 ~トップリーグ2021開幕スペシャル~

2019年ワールドカップで、バレットはとんこつラーメン好きが有名になった。やはり、日本食をおおいに堪能しているようで「日本食がたくさん食べられるのは私にとってとてもラッキーです。刺身、寿司、豚骨ラーメンはもう最高です」。

「チームメイトがおいしいラーメン店を教えてくれたんですけど、まだ行けていませんので行ってみたい。焼き肉も連れて行ってもらいましたが、とても美味しかった!正直言うと、なんでもおいしい。日本の料理は新鮮ですし、質も高い。あとスタイルもいいですね」と笑顔を見せた。

サバティカルの契約は1年。今季終了後、またブルーズに戻ってニュージーランドでプレーすることが決まっている。

今後のことを聞かれるとSOバレットは「今回は短い期間になってしまいますが、いつかはわかりませんが、また(日本)戻ってきたいという気持ちはあります。まだ何も決まっていませんが、何が起こってもおかしくないし、いろんな可能性があります。今はオールブラックスで2023年のワールドカップという目標があります」。

「まずはこのチームで、トップリーグで優勝し、選手としてもっと成長したいですし、日本での経験を楽しみたい。家族ともいい時間を過ごし、チームメイトとの友情も育んでいきたい」と話すに留めた。

サントリーは1月16日(土)の開幕戦で、トヨタ自動車ヴェルブリッツと対戦する。SOバレットは「チームはすでに数週間後に開幕するトヨタ自動車戦の準備をしているので 開幕戦には先発で出たい」。

「ですが、外国人起用のルールがありますし、コーチが決めることですし、戦術のこともあるので、何としても23人の中に入りたい」とオープニングマッチを見据えた。

サントリーでは10番としてプレーする

現役オールブラックスであり、2度の世界最優秀選手にも輝いたSOバレットが、その実力をおおいに発揮し、ラストシーズンのトップリーグでサントリーサンゴリアスに6回目の優勝をもたらすことができるだろうか。

文/写真:斉藤健仁

斉藤健仁

斉藤 健仁

スポーツライター。1975年生まれ、千葉県柏市育ち。ラグビーと欧州サッカーを中心に取材・執筆。エディー・ジャパン全試合を現地で取材!ラグビー専門WEBマガジン「Rugby Japan 365」「高校生スポーツ」の記者も務める。学生時代に水泳、サッカー、テニス、ラグビー、スカッシュを経験。「エディー・ジョーンズ 4年間の軌跡」(ベースボール・マガジン社)、「ラグビー日本代表1301日間の回顧録」(カンゼン)など著書多数。≫Twitterアカウント

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ