人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年1月3日

天理大学、明治大学にリベンジ。悲願の初優勝を目指し3度目の決勝進出。ラグビー全国大学選手権

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

敗れた明治大学の田中澄憲監督は「一言で言うと完敗です。天理大学がすべてにおいて強かった。明治も最後に自分たちがやってきたスクラム、モールとチャレンジしてくれたことに誇りに思います。今季はいろんな大変な状況の中で学生たちがよく頑張ってくれた」と選手たちをねぎらった。

ゲインする明治NO8箸本主将

NO8箸本主将は「こっちが準備していたアタックをさせてもらえず、(相手の)速いテンポで、こっちのペナルティを誘われて、終始、厳しい状況でラグビーをさせられました。良かったとは言えないですが、最後まで戦う姿勢をやりきれたので出し切ったという感じです」と前を向いた。

BKリーダーのSO森も「悔しいという気持ちが一番強い。最後まで自分のプレーはしっかり出し切れたと思うので、そこには悔いはない」と気丈に話した。

勝利した天理大学の小松節夫監督「強い明治大学に対して、どれだけチャレンジできるか、ディフェンスでどれだけプレッシャーかけるか、セットプレーでどれだけ対抗できるかを考えてながら、しっかり準備して試合に臨んだ」。

「ディフェンスでプレッシャーをかけられたことが勝因だと思います。スクラムもFWが頑張って、ラインアウトは前半苦労したが、それ以外はうちの圧力が通用した」と振り返った。

FL松岡主将は「めちゃくちゃ嬉しい。23人のメンバーだけでなく、メンバー外も含め、天理のメンバー全員が明治大学戦に向けていい準備できたことが結果に現れたと思います。決勝に向けて、今年1年辛い思いしてきたメンバーや、支えてくれた方たちの分も背負って優勝したい」と破顔した。

突破する天理CTBフィフィタ

副将のCTBフィフィタも「最初からマークされているのがわかっていたので、周りをうまく使うことを意識して練習してきましたが、それができたのでよかった。最後の大学の試合、自分のすべてを出し切りたい」と意気込んだ。

2年前の決勝で敗戦した明治大学に真っ向勝負で臨み快勝した天理大学、1月11日(月・祝)、新しい国立競技場で対戦するのは、連覇がかかった早稲田大学(関東大学対抗戦2位)となった。天理大学にとっては2011年度、2018年度に続いての決勝となる。3度目の正直で天理大学が悲願の初優勝を飾ることができるか。

文/写真:斉藤健仁

斉藤健仁

斉藤 健仁

スポーツライター。1975年生まれ、千葉県柏市育ち。ラグビーと欧州サッカーを中心に取材・執筆。エディー・ジャパン全試合を現地で取材!ラグビー専門WEBマガジン「Rugby Japan 365」「高校生スポーツ」の記者も務める。学生時代に水泳、サッカー、テニス、ラグビー、スカッシュを経験。「エディー・ジョーンズ 4年間の軌跡」(ベースボール・マガジン社)、「ラグビー日本代表1301日間の回顧録」(カンゼン)など著書多数。≫Twitterアカウント

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ