人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年12月16日

五郎丸歩、全力で走り抜けた32年間。引退表明会見でラストシーズンにかける思いを語る

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

「そういったラグビーを3歳から経験しているので、私ひとりにフォーカスが当たることに非常に違和感があったが、ラグビーという競技がこの日本で広がっていない以上、私がその仕事といいますか、ラグビーの魅力を広げていくことが自分に与えられた使命だと思い、ここまでやってきた」。

「最初は少しきつかったです。ただ考え方を変えれば、素晴らしい機会をいただいたと思います。あのポーズから入って、ラグビーを好きになった、また違う選手を好きになったという方々が1人でもいれば、私がラグビーをしてきた、続けてきた意味があるのかなと思います」と振り返った。

五郎丸選手の活躍などもあり、ラグビーをする子どもたちが増えたことに関しては「ラグビー選手として、日本代表のジャージーを着たいという子どもたちが増えていることに嬉しく思います」。

「2015年ワールドカップを戦う前は、そういった子ども少なく、そういう環境を変えたいと、2012年に始まったエディージャパンの過酷なトレーニングでしたが、そのトレーニングをしっかり4年間、耐え抜き、1つラグビーというものを憧れのステージに上げられたことを非常に嬉しく思っています」。

また、「2019年ワールドカップに私は出場しませんでしたが、日本代表がラグビー、スポーツの魅力を多くの方々に発信していただいた」と話した。そして、子どもたちへのメッセージとして、五郎丸選手は「日本のラグビーは、ここ数年で大きく変わってきました。私が小さいときに見ていた日本代表よりも、はるかに強くなってきました」。

「個人としても松島幸太朗選手や姫野和樹選手など、海外で活躍する選手も多く出てきました。私が小さいときには考えられなかった。チームとしても日本代表が2019年には初のベスト8にたどりついた。本当にラグビー界は世界レベルに年々上がっていると思っています」。

「そういった高い目標を現役のトップの選手が今、示してくれているので、そういった選手に負けないように、そういった選手を追い抜くように日々努力してほしいなと思います」と話した。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ