人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年12月6日

関東対抗戦は明治大学、リーグ戦は東海大学が優勝、関西リーグも最終戦が行われる。大学ラグビー

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

流通経済大学のキャプテンFL坂本侑翼(4年)は「天候の関係や、大東文化大さんのラストゲームにかける気持ちのこもったディフェンスにやられてしまい、自分たちの思ったようなゲームができませんでした。しかし、最終戦勝ち切れたことは大きなものだと思うので、次の大学選手権につなげていきたい」と話した。

結果、東海大学、流通経済大学、日本大学が6勝1敗となり勝ち点24で並んだ。ただ当該チーム以外の総得失点差の多い東海大学(+227点)が優勝し3連覇を達成。2位に流通経済大学(+183点)、3位が日本大学(+165点)となった。リーグ戦からはこの3校が大学選手権に出場する。

残り2試合は埼玉・熊谷ラグビー場Bで(無観客)で行われた。関東学院大学vs.中央大学は、前半34分、危険なプレーを犯した関東学院大学WTB福士萌起(4年)にレッドカードが出て一発退場。それでも関東学院大学が粘り強く戦ったが、中央大学が28-25で勝利した。MOMにはキッカーも務めた中央大学のSO津田貫汰(2年)が選出された。

専修大学vs.法政大学の一戦は、前半から圧倒した法政大学の一方的な展開となり、10トライを挙げて75-5でノーサイド。MOMには2トライを挙げた法政大学のFL山下憲太(4年)が選ばれた。

◆関東リーグ戦 最終順位

1位 東海大学 6勝1敗(勝ち点24)
2位 流通経済大学 6勝1敗(勝ち点24)
3位 日本大学 6勝1敗(勝ち点24)
4位 法政大学 4勝3敗(勝ち点16)
5位 中央大学 2勝3敗1分(勝ち点10)
6位 大東文化大学 1勝5敗1分(勝ち点6)
7位 関東学院大学 1勝6敗(勝ち点4)
8位 専修大学 1勝6敗(勝ち点4)

※1~3位は直接対決以外の試合における総得失点差
※7・8位は直接対決の結果
※上位3チームは大学選手権出場

◆関西大学リーグ

12月6日(日)、京都・宝ヶ池公園球技場で関西大学リーグの5位・6位決定戦、摂南大学(Oddリーグ3位)と立命館大学(Evenリーグ3位)の1試合が行われた。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ