人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年11月30日

【ハイライト動画あり】絶対王者・天理大学が同志社大学を圧倒し5連覇達成。ラグビー関西大学リーグ

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

11月29日(日)、京都・宝が池公園球技場で関西大学Aリーグ1位~4位の順位決定戦2試合が開催された。

関西大学Aリーグは新型コロナウィルス感染拡大の影響により期間が短縮され、2リーグ制で行われた。その結果、Odd(奇数)リーグで全勝した天理大学と、Even(偶数)リーグで全勝した同志社大学が、今年の関西王者の座をかけて戦うことになった。なお、両チームともに3位以上に与えられる大学選手権出場はすでに決めてる。

やはり試合は5連覇を狙う天理大学のペースとなる。「同志社大学の激しいディフェンスに対して自分たちから身体を当てていこう」という天理大学のキャプテンFL(フランカー)松岡大和(4年)の言葉の通り、前半から黒衣の軍団が接点で相手を圧倒する。

序盤から試合を支配した天理大学

試合開始早々から、モールやラインアウトのターンオーバーなど、守備からペースをつかんだ天理大学が前半10分、相手陣15mでラインアウトのチャンスを得る。モールを押し込み、ラックを形成して、最後はルーキーのWTB(ウィング)マナセ・ハビリ(高知中央出身)が飛び込でトライ、5-0と先制する。

さらに天理大学は相手ボールのスクラムにプレッシャーをかけて反則を誘い、15分、相手陣のラインアウトからチャンスを得て、PR(プロップ)谷口祐一郎(4年)が抜けだしてゴールラインに迫る。

さらにSH(スクラムハーフ)藤原忍(4年)のフラットなパスを受けたLO(ロック)中鹿駿(4年)がトライ、FB(フルバック)松永拓郎(4年)がゴールを決めて、12-0とした。

天理大学は攻撃の手を緩めず、23分にはモールを押し込んでHO(フッカー)佐藤康(3年)がトライ。33分にはラインアウトを起点に、最後はLO中鹿がサイドを突いて再びトライ、26-0とリードした。その後、同志社大学もテンポのいいアタックを仕掛けるも天理大学の守備を崩すことができず、そのまま前半を折り返した。

J SPORTS オンデマンド番組情報

後半も先に点を取ったのはリードしていた天理大学だった。後半5分、ラインアウトからWTBハビリがゲインし、さらにPR小鍛治悠太(4年)が持ち出してゴールラインに迫る。最後はSO(スタンドオフ)藤田大輝(3年)が外に振って、HO佐藤が2つ目のトライを挙げて33-0と大きくリードする。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ