人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年11月24日

【ハイライト動画あり】立命館大学、関西大学に勝ち今季初勝利。ラグビー関西大学リーグ

ラグビーレポート by 立命スポーツ編集局
  • Line

11月21日(土)、滋賀県の布引グリーンスタジアムで関西大学ラグビーAリーグ第3節の試合が行われた。既に2敗して大学選手権出場を逃している立命館大学は、同じく2敗した関西大学と対戦。立命館としては自分たちのラグビーをし、何としても勝利を得たいところだった。

試合は、いきなり序盤から点が動いた。自陣深くからBK(バックス)のプレーヤーが中心となってボールを展開し、WTB(ウィング)の間瀬陽紀(スポ2・深谷)がキックを用いてビックゲイン。

その後、FW(フォワード)で何本か縦を突き、最後は、先発復帰したSO(スタンドオフ)江良楓(済3・大阪桐蔭)がキックパス。そのパスをWTB藤井健太郎(済3・伏見工業)がキャッチしトライ。立命館が公式戦で初めて、幸先よく先制する。

度重なるピンチも防ぎきった。写真右はFL野村雅大(済4・大阪桐蔭)

このまま勢いに乗りたいところだったが、ペナルティやハンドリングエラーなどによって、なかなか追加点を挙げられなかった。相手に自陣深くまで攻められる機会を作られたが、ギリギリのところで失点を防いだ。

すると前半17分、相手陣地でペナルティを獲得。FWのアタックで攻撃のテンポを作り、最後はCTB(センター)の木田晴斗(情理3・関西大倉)がディフェンスラインの間を突き、トライ。自分自身でキックも成功させ、点差を広げる。

その後、スコアは動かないままロスタイムに突入。立命館は、関大に自陣深くまで攻め込まれるも、粘りのディフェンスでペナルティを獲得。すると、江良がクイックスタートで、木田へパス。ボールを受けた木田は、相手ディフェンスを次々とかわし、90mを走り切りトライ。ゴールも成功させ、前半を19-0で折り返す。

点差を広げたい立命館は後半開始早々、ここ2戦でトライを取っている好調の宮下大輝(営3・報徳学園)を投入。しかし、後半の立ち上がりは、攻撃の形はできていたもののなかなか点には結びつかなかった。

そんな状況でも集中を切らさなかった立命館は、後半20分、敵陣内でペナルティを獲得し、ラインアウトからモールを形成。しっかりとインゴールまで押し切り、この試合が公式戦初先発のHO(フッカー)中川魁(済2・大阪桐蔭)がトライ。BK陣の躍動が目立っていたが、ここでFW陣が一丸となり強さを見せつけた。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ