人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年11月16日

関東リーグ戦は東海大学と流通経済大学が全勝。関西リーグは4校が連勝。大学ラグビー

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

中央大学もWTB杉本崇馬(2年)が2トライを挙げたが、法政大学もFL山下太雅(4年)がトライを加えた。結局、試合は後半終始、優勢に試合を運んだ法政大学が28-23で勝利。MOMにはHO濱野が選出された。

ゲームキャプテンを務めたFB根塚は「前半は相手に呑まれたが、後半はFWの強みとBK(バックス)の展開と立て直せたのが勝利につながった」と破顔した。法政大学は2勝3敗とし、粘りを見せた中央大学は0勝4敗1分となった。

2試合目は開幕4連勝の東海大学に、前節にようやく今年初勝利を挙げた大東文化大学がチャレンジした。前半は大東文化大学が先制したこともあって拮抗した展開となる。東海大学は1年生WTB谷口宜顕(東海大大阪仰星)らが3トライを挙げれば、大東文化大学も計2トライを挙げて17-12と追いすがった。

後半はFWのセットプレーで優位に立つ東海大学が、3分、6分とCTB杉浦拓実(4年)が連続トライを挙げて、一気にペースを握る。その後も、モールを起点に3トライを重ねて48-12と大きくリードする。ロスタイムにもボールを展開してダメ押しのトライを挙げて、終わってみれば東海大学が55-12と快勝した。MOMにはFB酒井亮治(3年)が選ばれた。

ゲームキャプテンを務めた副将SH中村友哉(4年)は「セットプレーが、スクラムで前に出て、ラインアウトでは相手ボールをスチールするくらい安定していたので、それが勝利につながった」とFWの奮闘ぶりを称えた。

東海大学は流通経済大学と並んで開幕から5戦全勝となった、敗れた大東文化大学は1勝3敗1分となった。

関西大学AリーグでもOdd(奇数)リーグとEven(偶数)リーグで、2試合ずつ4試合が行われた。

神戸ユニバーで行われたODDリーグでは、5連覇を狙う天理大学が近畿大学を前半から寄せ付けず7トライを挙げて50-0で快勝。LOアシペリ・モアラ(3年)はハットトリックを達成、POM(プレイヤー・オブ・ザ・マッチ)にはゲームをコントロールしつつ、6ゴール&1PGの15得点を挙げたSO松永拓朗(4年)が選ばれた。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ