人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年11月16日

関東リーグ戦は東海大学と流通経済大学が全勝。関西リーグは4校が連勝。大学ラグビー

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

流通経済大学が昨年のリベンジを果たして、開幕5連勝を達成した。MOM(マン・オブ・ザ・マッチ)は流通経済大学のLOアピサロメが選ばれた。

もう1試合は専修大学と昇格組の関東学院大学が対戦した。前節は大東文化大学に惜敗した関東学院大学は、ディフェンスとコミュニケーションをテーマに1週間、練習に精を出していたという。

前半2分、キャプテンWTB(ウィング)萬田開人(4年)が先制トライを挙げると関東学院大学ペースとなる。モールからHO(フッカー)岡輝剛(4年)らが、さらに3トライを重ねて28-0で前半を折り返した。

後半も7分、先に関東学院大学のSH(スクラムハーフ)大澤成貴4がトライを挙げて35-0としほぼ勝負を決める。その後、専修大学にも反撃を許して3トライを喫したが、関東学院大学も2トライを加えて48-21で快勝した。MOMはセットプレーの要となったLO小濱康嵩(3年)が選出された。

関東学院大学の桜井良太監督が「安心して見ていられた」と言えば、WTB萬田キャプテンは「練習中からコミュニケーションして、試合中でも意思統一できた。先制点を取ってチームに勢いを与えられた」と納得した表情で話した。

11月15日(日)も、関東大学リーグ戦が同じくセナリオフィールド三郷で2試合が行われた。1試合目は法政大学中央大学が対戦した。前半は、法政大学のFL(フランカー)山下憲太(4年)がトライを挙げると、中央大学はSO(スタンドオフ)津田貫汰(2年)が3PG(ペナルティゴール)を決めて、9-7で前半を折り返した。

後半、なかなか試合が動かなかったが16分、法政大学は共同キャプテンの1人FB(フルバック)根塚洸雅(4年)と、ルーキーWTB石岡玲英(御所実業)がブラインドサイドを突いて大きくゲインしてチャンスを作る。

ラインアウトからボールを継続し、最後はPR(プロップ)菊田圭佑(4年)が押さえて14-9と逆転に成功。22分にもスクラムを押し込み、最後はHO濱野隼也(4年)がねじ込んで21-9とリードを広げる。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ