人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年10月22日

スーパーラグビー初参戦の南ア チーム「ピューマズ」って?強豪ストーマーズ戦でアップセット狙う

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

同じく19年W杯メンバーであるストーマーズのFLピーター ステフ・デュトイはケガにより欠場。また先週先発したPRスティーヴン・キッツォフは新型コロナウイルス陽性者の接触者として認められたことで欠場を余儀なくされた。

迎え撃つピューマズは、下馬評で劣勢となっている。

しかしストーマーズのFL/LOアーンスト・ファンラインは地元メディアに対して警戒心を語った。

「先週(ライオンズ戦)は改善点が多くありました。私たちがピューマズを過小評価することはありません。先週、彼らはグリクアスに対して本当に良い勝利を収めていました」

ストーマーズは先週のライオンズ戦に23-17で勝利したものの、コロナ禍による準備不足、リーグ開幕戦ということもあってか、ハンドリングエラー、ラインアウトやモールの低い精度に苦しんでいた。

そんなストーマーズのFWコーチ、リト・フルングワニは、ピューマズのモール・ディフェンスに警戒していると明かした。

「ピューマズはとても良いチームであり、モールを非常に上手く止めていることを知っています。私たちは(先週の)ライオンズ戦でモールが機能しませんでした。同じことがふたたび起こった場合は、上手に対応したいと思っています」

モールの攻防は注目点のひとつになりそうだ。ではピューマズの先発メンバーを見てみよう。

FW第1列では、フッカーは29歳のベテランであるAJルルーが務め、両脇のプロップをモーガン・ナウド、ルアン・クラマーが固める。

ロックはジンバブエ出身の22歳、注目のダリエン・ランズバーグ。バックロー(FW第3列)には南アフリカU20代表だったFLフランソワ・クライハンスが入った。

バックスではハーフ団が要注目だ。

昨年カリーカップにデビューしたばかりの22歳、SHギンター・スマッツ。司令塔は、南アフリカ高校代表のセカンドチームである高校代表“A”を経験し、先週のグリクアス戦で活躍したSOエドゥアルド・フォウチェが務める。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ