人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年10月19日

【ハイライト動画あり】南ア代表エルトン・ヤンチースがチーム最多得点!スター軍団ストーマーズを苦しめる。スーパーラグビー2020南アフリカ

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

【ハイライト】ストーマーズ vs. ライオンズ

【ハイライト】ストーマーズ vs. ライオンズ|スーパーラグビー2020 南アフリカ ラウンド2

するとライオンズは前半30分、キックカウンターから敵陣に入ると、右展開からSOヤンチースがクロスキックと見せかけてパス。

ストーマーズの守備を惑わせると、ブルズから移籍のCTBバーガー・オーデンドールが独走トライ。しかしここは直前のスローフォワードでノートライ判定となった。

するとストーマーズが徐々に本領を発揮する。

PGを追加して4点差(6-10)としていたストーマーズは後半10分。

21歳のCTBリカス・プレトリアスが、相手SOヤンチースのパスをインターセプト。約60メートルを独走する逆転トライ(ゴール成功)で、16-10とリードを奪い返した。

勢いに乗るストーマーズは強力FWでさらに攻勢。

前半から優勢だったスクラムでペナルティを奪うと、後半24分、FWのユニット攻撃でじわじわと前進し、最後はCTBダニエル・デュプレッシーが左中間にフィニッシュ。23-10とリードを拡大した。

しかし今季初勝利をめざすライオンズは諦めない。

ライオンズは後半30分、横との連係が薄いショートサイドをCTBオーデンドールが突破。そのまま独走し、最後は献身的にフォローしていたSOヤンチースへと繋げ、ゴール下にトライ。

SOヤンチースは自身でコンバージョンキックも決め、残り10分で6点差(17-23)に強め寄った。

さらにライオンズは後半終了間際、SOヤンチースが2本のクロスキックを見事に決めて敵陣ゴール前へ侵入する。

左ゴール前ラインアウトから猛攻を仕掛けるが、最後はストーマーズで途中出場のスカーラ・ントゥベニがジャッカル成功。23-17でノーサイドを迎えた。

ライオンズはSOヤンチースがチーム最多12得点(1T、2G、1PG)を挙げる活躍を見せたが届かず。2連敗となり、次節で今季初勝利をかけて開幕2連勝の好調チーターズと対戦する。

ストーマーズで先発していた19年W杯代表である22歳のSOダミアン・ヴィレムセだが、後半からフルバックに下がるなどアピールできず。

8歳上のSOヤンチースとは23年W杯の司令塔を争う立場と目されているが、今回はヤンチースの経験、技巧に軍配が上がっただろう。

辛くも勝利したストーマーズは次節、連勝をかけて、今季よりSRに初参戦している国内チーム、1勝1敗のピューマズと激突する。

文:多羅正崇

多羅正崇

多羅 正崇

スポーツライター。法政二高-法政大学でラグビー部に所属し、大学1年時にはU19日本代表候補に選出される。法政大学大学院日本文学専攻卒。現在は「ラグビーリパブリック」「Number web」等に記事を寄稿。≫Twitterアカウント ≫noteアカウント

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ