人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年8月21日

大混戦のスーパーラグビーAU!豪代表入りを期待される2人のウイングもマッチアップ!第8節「ブラビーズ×ワラターズ」

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

【ブランビーズ】スターティングメンバー

そんな有望株とマッチアップする相手ウイングもまた、代表招集が近いと噂されるトライゲッターだ。

ブランビーズの23歳、ウイングのトム・ライト。

オーストラリアの元高校代表だったが、その後13人制ラグビーでプレーし、2018年にブランビーズで15人制に復帰した変わり種だ。

WTBライトを採用したブランビーズのダン・マッケラーHCは、異色の経歴を持つトライゲッターを「Xファクター」として高く評価している。

「彼はXファクターであり、可能性に溢れています。創造的であり、優れたフットワーク、スピード、加速を備えています」

指揮官はさらに「本物のゲームチェンチャー」として絶賛した上で、「彼がワラビーズのゴールドジャージーを着る日を楽しみにしている」と語っている。

今季好調のWTBライトはここまで2トライ。ブランビーズとの契約も2021年まで延長済みで、ファンの期待はいや増すばかりだ。

そんなブランビーズは初黒星を喫した2週間前のレベルズ戦から先発を9人変更。

主力メンバーである4トライのHOフォラウ・ファインガア、SHジョー・パウエル、CTBテヴィタ・クリンドラニらがメンバー外。挑戦的な布陣となった。

彼らに代わって25歳のHOコナール・マキナニー、184センチの長身を誇る22歳のSHライアン・ロナガン、13人制ラグビー出身のCTBソロモネ・カタらにチャンスが与えられている。

はたしてワラターズは敵地でリベンジなるか。ブランビーズが今季5勝目となればいよいよ独走態勢となる。

才能溢れる若手によるワラビーズ入りへのアピールも楽しみだ。

注目ウイングのマッチアップも見られる「ブランビーズ×ワラターズ」は8月22日(土)午後6:05からJ SPORTS 1で生放送、J SPORTSオンデマンドでLIVE配信される。

多羅正崇

多羅 正崇

スポーツライター。法政二高-法政大学ではラグビー部に所属。大学1年時にU19日本代表候補に選出される。法政大学大学院日本文学専攻卒。現在は「ラグビーリパブリック」「Number web」等に記事を寄稿。ユーモアエッセイストとしても活動中。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ