人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年8月9日

「MAN WITH A MISSION」も語ったサンウルブズの思い出。メモリアルセレモニー選手コメント vol.2

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

◆SO小倉順平

「(思い出に残っているのは)2017年の最後のブルズ戦です。2シーズンお世話になしましたが、世界で稀な多国籍チームだか、コミュニケーションとれて、柔軟に勝利を目指してやっていくチームです。(2020年シーズンは)短くなりましたがやることをやった、いいシーズンでした」

◆FL布巻峻介

「僕も稲垣選手と一緒で2017年のブルズ戦、秩父宮ラグビー場で勝った試合です。僕自身初めてスーパーラグビーに参戦した歳で、この試合がデビュー戦だったのかな、この試合が印象に残っています。

スーパーラグビーは一番成長させてくれるリーグだと感じました。(2020年シーズンは)コロナで日本が先に中止になって、ラグビーできることに感謝していたが、モチベーション保つのが難しかった、準備が大変だった。自分をどこの環境に身を置くか考えると、サンウルブズが一番成長できると考えた」

◆SH齋藤直人

大学在学時に参加した齋藤直人

「予想通りレベルが高く、試合を通して、ツアー通して学ぶことが多いシーズンでした。(思い出の試合は)今年の初戦のレベルズ戦です。個人的にもデビュー戦だったので、勝てたので印象に残っています。

フィジカル、スピード、パワーはすごいが通用する部分も見えたので、それをどう補うか、現役でいる以上、考えてやってきたい。もう一度、スーパーラグビーにチャレンジしたいという強い気持ちと、今回の経験を活かしてトップリーグで結果残したい」

◆CTB中野将伍

「大学のレベルとは違って、高いレベルでやれたので自分の成長にもつながるシーズンでした。(思い出の試合は)ハリケーンズ戦で、今までで一番フィジカルにきつい試合でした。CTBンガニ・ラウマペとやりあって前半の最初で吹っ飛ばされました。次は勝てるように頑張りたい」

取材/文:斉藤健仁

斉藤健仁

斉藤 健仁

スポーツライター。1975年生まれ、千葉県柏市育ち。ラグビーと欧州サッカーを中心に取材・執筆。エディー・ジャパン全試合を現地で取材!ラグビー専門WEBマガジン「Rugby Japan 365」「高校生スポーツ」の記者も務める。学生時代に水泳、サッカー、テニス、ラグビー、スカッシュを経験。「エディー・ジョーンズ 4年間の軌跡」(ベースボール・マガジン社)、「ラグビー日本代表1301日間の回顧録」(カンゼン)など著書多数。≫Twitterアカウント

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ