人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年7月27日

【ハイライト動画あり】優勝戦線に残ったブルーズ歓喜!チーフスは悪夢の6連敗。SRアオテアロア第7節

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

ホームの大観衆に押されてブルーズもやり返す。

敵陣でのラック中央をNZ代表のPRオファ・トゥウンガファシが突破すると、連続攻撃から最後はSHフィンレー・クリスティが一瞬のスキを突き、ラックサイドにグラウンディング。

SOバレットのコンバージョン成功で、21-17と再逆転した。

チーフスは後半23分に日本のキヤノン、NECにも所属したアダム・トムソンが途中出場してSR100キャップを達成。士気高揚にひと役買うと、後半35分頃から相手反則で敵陣へ侵攻。

ここでアドバンテージ状態となり、悲鳴のような歓声のなかで大外へクロス・フィールドキック。しかし絶好の得点機でノックオンがあり仕留めきれず。

ただ相手反則でさらにチーフスのチャンスは続き、ブルーズは途中出場のハリー・プラマーが、ラックでの反則によりシンビン(10分間の一時退場)に。

4点差を死守したいブルーズは、14人となって絶体絶命。残り時間はあと2分。

逆転に懸けるチーフスはフォワード勝負に出る。リスタートから途中出場のサミソニ・タウケイアフォ、NO8ピタ・ソワクラを壁にぶち当てた。

ところがNO8ソワクラの突進に、ブルーズのLOジョシュア・グッドヒューが絡みついて、チームを救うターンオーバー成功!

双子の弟ジャック(クルセイダーズ)はNZ代表CTBというアスリートが窮地を救い、しのいだブルーズが歓喜の今季4勝目。

一方のチーフスは悪夢の6連敗。またしても接戦をものにできず、7点差以内の敗戦はなんと今季5度目となった。

試合後、チーフスのCTBアントン・レイナートブラウンなどNZ代表経験者が、レフリーに詰め寄る場面も。

実は勝負を分けた最終盤のターンオーバーで、チーフスNO8ソワクラが一瞬インゴールにボールを置いたようにも見えた。

6連敗の無念もあったのだろう。CTBレイナートブラウンは地元メディアに「試合を左右する場面ではTMO(ビデオ判定)が使用されるべきです」と語った。

4勝2敗となり優勝戦線に踏みとどまったブルーズ。

次節はハイランダーズと戦い、バイ・ウィーク(休みの週)を挟み、最終節で暫定1位のクルセイダーズと激突する。

果たして優勝争いの行方は――。コロナ禍を克服してスタートした「アオテアロア」が、ますます面白くなってきた。

【ハイライト】 スーパーラグビー2020 アオテアロア第7節

ブルーズ vs. チーフス


文:多羅正崇

多羅正崇

多羅 正崇

スポーツライター。法政二高-法政大学ではラグビー部に所属。大学1年時にU19日本代表候補に選出される。法政大学大学院日本文学専攻卒。現在は「ラグビーリパブリック」「Number web」等に記事を寄稿。ユーモアエッセイストとしても活動中。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ