人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年6月8日

駐車場リレーでトレーニング!ラグビー 田中史朗×バドミントン 奥原希望 コロナに負けるな!困難突破トーク競技を超えてONE TEAM編(ラグビー日本代表 田中史朗×バドミントン日本代表 奥原希望×ラグビージャーナリスト 村上晃一)

J SPORTSプロデューサーコラム by 杉山友輝(J SPORTSプロデューサー)
  • Line

「なんとかなる精神」でどんなときもやり続ける

村上:東京五輪延期が決まった時、奥原選手はどんな気持ちでしたか。まだ出場権は決まってないですよね。

奥原:全英オープンが終わって、自宅待機になった頃から五輪開催は厳しいのではないかと少しずつ覚悟していたので、正式に開催延期が決まった時はすんなり受け入れられました。最近、やっとこの先のスケジュールが出たんですけど、それも確定事項ではなく、五輪の選考基準もまだ誰も知らされていない状況です。

村上:不安ですよね。

奥原:楽観的というか「なんとかなる精神」なので、今出来ることをどんな時も変わらず、やり続けるしかないのかなと思っています。

村上:田中選手、今の話を聞いてどうですか。五輪延期についてはどうでしょうか。

田中:楽観的に考えられるのは凄いな、器の大きい方だなと感じますね。やっぱり日本全体が盛り上がる大会なので五輪は開催してほしかったですけど、一番大切なのは「命」なので仕方がないと思います。

村上:全国高校選抜、インターハイ等、高校生の大会が中止になっていますが、高校生たちのスポーツができなくなっているこの状況を奥原選手はどう感じていますか。

奥原:選抜とインターハイと春・夏両方が中止という状況に直面した学生たちは、目標を見失い、すべてが真っ白になってしまい、やり場のない感情と葛藤していると思います。周りにいる指導者がそれを理解しようとすることは出来ても、理解しきれないところはありますよね。なんとかしてあげたいけど、新たな目標を見つけて、また少しずつ前を向いて進んでいってくれるのを待つしかないですね。私自身も前向きになってもらえるよう、ブログでメッセージを発信していますけど、学生たちの気持ちを分かりきれないのも悔しいですね。なんとか乗り越えてほしいです。

田中:高校卒業後も競技を続ける選手たちは、これを糧にレベルアップしようという想いになるかもしれないけど、高校で競技生活を終える選手たちはしんどいですよね。僕たちがどんな言葉をかけても「また頑張ろう!」という気持ちにはなれないと思いますし、高校3年間、最後の大会のために頑張ってきたことを考えると辛いですね。でも、人生においてここがゴールではないですし、この悔しさを今後の人生に活かしていってほしいですね。

村上:田中選手が高校生の時に、もし目の前の大会が中止になっていたらどうなっていましたか。

田中:泣いてましたね。でも、将来的にもラグビーをしようと思っていたので、ここでダメでも大学、社会人でしっかり結果を出せるよう「今ここで落ちたらあかん」と自分に言い聞かせていたと思います。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ