人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年5月30日

サンウルブズ、ライブトレーニングの最終回を迎える

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

「心と体を鍛えて生活にエナジーを」をコンセプトに、自粛期間の始まった4月の第2週からスタートしたヒト・コミュニケーションズサンウルブズの世界同時ライブトレーニングである「SUNNIES ENERGY CHALLENGE」。

その最終回となる8回目が、5月30日(土)にJ SPORTS オンデマンドなどでライブ配信された。

最終回では、5月よりサンウルブズのメンバーが4チームに分かれて行われていたチーム対抗戦によるスキルチャレンジと、サンウルブズ選手代表と一般参加者代表者がフィジカルバトルで対決する「SUNWOLVES PHYSICAL CHAMPIONSHIP」が行われた。

今回、選手はもちろんのこと、サンウルブズのコーチである沢木敬介コーチングコーディネーター、ネイサン・グレイテクニカルディレクター、スペシャルゲストとしてサンウルブズのアンバサダー&元日本代表キャプテンだった廣瀬俊朗さんらも参加した。

サンウルブズの選手たちの4チームはそれぞれ「YUKON」(ユーコン)、「GRAY」(グレイ)、「ARCTIC」(アークティック)、「EURASIAN」(ユーラシアン)。

先週までの段階で、「GRAY」が29ポイントでリードしており、2位に18ポイントの「EURASIAN」、3位に「YUKON」、4位に「ARCTIC」と続いていた。

スキルチャレンジの最終回はキック的当て。ラグビーボールやトイレットペーパーを10m離れたゴミ箱などに入るという内容だった。

SO(スタンドオフ)ガース・エイプリル(YUKON)、FB(フルバック)竹田宜純(GRAY)、WTB(ウィング)ジェームス・ダーガウィル(ARCTIC)というキックのうまい選手が2本とも外すなかで、EURASIANのWTBタウタラタシ・タシが見事に2本とも決めた。「チームのために2ポイント取れて嬉しいです!」(タシ)。

さらに続いて、最終種目となった「SUNWOLVES PHYSICAL CHAMPIONSHIP」が行われた。

サンウルブズ選手代表と一般参加者代表(一般、中高生、女性)の4名が4チームに分かれてセミファイナル(チーム戦)を行って、その成績を基づいて各カテゴリーのトップ選手で、個人戦のファイナルを開催し、フィジカルバトルの王者を決定するというものだった。

まず、「AMRAP Level.2」という5種目×8回(左右各4回)を制限時間5分間で、何回できるかチャンレンジした。5種目とは下記の通り。

1 プッシュアップ・ショルダータップ:顎で床をタッチし、床をプッシュしたら手で対角の肩をタッチする。

2 モンキー・スクワット:両手5本指で床をタッチし(深くしゃがむ)、頭の上で手を叩く(股関節を伸ばしきる)。

3 ダイアゴナルクランチ:両手は頭後ろにセット。1回ずつ、両手と両かかとで床をタッチし、肘で対角の膝をタッチする。

4 ダイアゴナルキャット:1回ずつ、お尻で床をタッチし、お尻が膝よりも高くなるようにお尻を持ち上げる。

5 パンケーキ・バーピー:胸→背中→胸の順に床をタッチし、素早く立ち上がって頭の上で手を叩く

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ