人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年4月6日

シオサイア・フィフィタ、天理大学からサンウルブズ、そして日本代表へ

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

大学レベルからトップリーグやテストマッチで戦うことなく、いきなりスーパーラグビーでプレーしたフィフィタは「ずっと(スーパーラグビーを)目標にしていたので、成長していると思います。

アタックは段々レベルアップしてきている。フィジカルの部分はまあまあいけるけど、オフロードパスやスペースを探すスキルは世界のレベルはすごい、レベルが高い」と話した。

「(関西の大学でプレーしている)僕にとってのホーム」という東大阪市花園ラグビー場で、3月8日に予定されていたブランビーズ(オーストラリア)戦は、残念ながらオーストラリアでの開催となってしまった。

当初の予定よりも遠征が長くなってもフィフィタは「大変な状況の中、ラグビーがやれることが幸せですし、ファンのみなさんにいいプレーができるようにと思っていた」と前向きに振り返った。

また、そのブランビーズ戦にはトンガの両親が見に来てくれて、親孝行もできたという。

フィフィタの憧れている選手は「もともと一緒にプレーしていて、仲が良かった」というトンガ・カレッジの2つ先輩のWTBアタアタ・モエアキオラ(神戸製鋼)である。

もちろんフィフィタの夢は、モエアキオラ先輩もプレーした日本代表に入り、ワールドカップでプレーすることだ。

開幕前も「スーパーラグビーに毎回試合に出たら、日本代表に近づく。僕も日本代表を狙っているし、参加してみたい。しっかりとサンウルブズにチャレンジしたい」と意気込んでいた。

今年のサンウルブズでのフィフィタの活躍は十二分に、ジェイミー・ジョセフHC(ヘッドコーチ)以下、日本代表コーチ陣に大きなアピールになったはずだ。

フィフィタの能力がれば十分にトップリーグでもトライを量産できるはずだ。ただ、その前にやることがある。今シーズン、天理大学で副キャプテンに就任したフィフィタは「大学生活ラストなので、天理大で日本一が目標です」と意気込んでいる。

日本代表に選ばれ、2023年のワールドカップにモエアキオラ先輩とともに出場するという大きな夢の前に、まずは天理大学を大学選手権優勝に導き、小松監督を胴上げするために、この1年間は邁進するつもりだ。

「アタックもディフェンスも好きなので、誰にも負けたくない」と話す、日本育ちのトンガンボーイの夢は大きく膨らむばかりだ。

文/写真:斉藤健仁

斉藤健仁

斉藤 健仁

スポーツライター。1975年生まれ、千葉県柏市育ち。ラグビーと欧州サッカーを中心に取材・執筆。エディー・ジャパン全試合を現地で取材!ラグビー専門WEBマガジン「Rugby Japan 365」「高校生スポーツ」の記者も務める。学生時代に水泳、サッカー、テニス、ラグビー、スカッシュを経験。「エディー・ジョーンズ 4年間の軌跡」(ベースボール・マガジン社)、「ラグビー日本代表1301日間の回顧録」(カンゼン)など著書多数。≫Twitterアカウント

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ