人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年3月26日

布巻峻介、サンウルブズから日本代表を目指す決意

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

「トップリーグとの時期が重なったにもかかわらず、送り出してくれるパナソニックには本当に感謝しかありません。今回の挑戦は自分の中でも難しい決断になりましたが、今の自分にはスーパーラグビーへの挑戦での成長が必要と考え、このような決断にいたりました」。

パナソニックのロビー・ディーンズ監督も「他のチームに関係なく、パナソニックの方針として日本ラグビーをサポートしています。選手にとってもっとも大事なことは、自分が指導するチームで、何を目標としてベストを出すか、です。

布巻はワールドカップ直前で(日本代表から)落選し、アンラッキーでしたが、(サンウルブズで)再び、世界に挑戦する切符を得たことは彼にとってプラスになると思います」と布巻の背中を押した。

迎えた2月1日の開幕戦、サンウルブズは福岡・レベルファイブスタジアム(現・ベスト電器スタジアム)に、同じオーストラリアカンファレンスのレベルズを迎えた。

「今シーズンのサンウルブズは大久保直弥ヘッドコーチの色が出ていて、ワクワク感を持たせてくれる。前回のサンウルブズは日本代表との兼ね合いもあり、僕自身、違うプレッシャーを感じていたし、行ったり来たりでコミットしにくい部分もあった。今シーズンに関しては、(サンウルブズに)集中できています」。

小さい頃から慣れ親しんだ地元のスタジアムで7番をつけて先発した。「家族も友達も来てくれていたし、その中でプレーできたのは幸せでした。声援は力になりました」という布巻は、得意のジャッカルを成功させるなど、36-27の勝利に貢献。1月7日に、双子の父親となった布巻にとっては、二重の喜びにとなった。

正直、今シーズンのサンウルブズは日本代表や、各国代表選手の揃うトップリーグよりもラグビーファンの注目度は低かった。1月6日の合宿スタート時、BK(バックス)は5人しか集まらず、合計21名という少なさだった。

それでも布巻は「あまり注目されない、選手も集まらない中、僕らは見とけよって感じでした」と正直に吐露する。

また、「スーパーラグビーのレベルの高さ、サンウルブズの価値をすべての選手、ファンの方々にも知ってほしい」とも話していた。そんな鬱憤を見事に晴らす開幕戦の勝利だった。

サンウルブズを選んだ選択は間違っていなかったのでは?と聞くと、布巻は「シーズンが終わった時に、心から言いたいですね!」と語気を強めた。

2019年ワールドカップの日本代表の躍進を下支えしたのは、個々の選手のスーパーラグビーでの経験だったことは明白である。布巻はまだ27歳。サンウルブズの経験が再びワールドカップを目指すオープンサイドFLの成長を加速させる。

文:斉藤健仁

スーパーラグビー2020 第1節

【ハイライト】サンウルブズ vs. レベルズ

斉藤健仁

斉藤 健仁

スポーツライター。1975年生まれ、千葉県柏市育ち。ラグビーと欧州サッカーを中心に取材・執筆。エディー・ジャパン全試合を現地で取材!ラグビー専門WEBマガジン「Rugby Japan 365」「高校生スポーツ」の記者も務める。学生時代に水泳、サッカー、テニス、ラグビー、スカッシュを経験。「エディー・ジョーンズ 4年間の軌跡」(ベースボール・マガジン社)、「ラグビー日本代表1301日間の回顧録」(カンゼン)など著書多数。≫Twitterアカウント

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ