人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年3月2日

NZ強豪ハリケーンズに力負け。サンウルブズが敵地で今季3敗目。スーパーラグビー第5節

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

後半は開始31秒でハリケーンズがスコア。

キックオフを確保されると、順目にフェーズを重ねられ、最後はWTBベン・ラムが豪快な突進でグラウンディング。33-10

サンウルブズの被弾は続き、直後のキックオフからSOフレッチャー・スミスにゲイン。

左大外でNZ期待のHOアサフォ・アウムアがロングゲイン。寝ながらフリックパスをSHペレナラに通し、瞬く間に左隅に押さえられた。

さらに後半6分、16分にもトライを許すと、同22分にはターンオーバー直後のエリア左を攻略され、CTBンガニ・ラウマペがタックラーを弾いて独走トライ。

低いタックル精度により守備網に穴が空き、NZ勢得意のオフロードパスからビッグゲインが生まれる。始まった高速展開に追いつけずに失点を許す――。

堅陣を構築することができず、ビハインドはついに47点(57-10)に広がった。

ハーフタイムをまたいで約50分間なかったサンルブウズの得点は後半26分。

敵陣でボールを受けた天理大のWTBシオサイア・フィフィタが内へ切れ込み、身長194センチのWTBラムを弾いて猛進。

個人技でトライを生み出し、敵地ファンも思わず拍手。圧巻のトライでスコアは57-15に。

しかし後半37分、CTBヴィンス・アソが無人エリアへキック。懸命に戻ったWTBフィフィタだが、インゴールでクリアミス。

すかさずCTBアソが押さえ、こちらも個人技で取りきりスコアボードは62-15に。ハリケーンズが快勝して3勝1敗とした。

一方のサンウルブズは開幕戦白星からの3連敗。勝ち点は奪えず、総勝点4のままオーストラリア・カンファレンスの最下位に沈んでいる。

敗戦のサンウルブズはふたたびオーストラリアへ向かう。

本来なら日本に帰国予定だったが、新型コロナウイルスの影響により第6、7節がオーストラリアで開催されることに。

次節は3月6日、ニューサウスウェールズ州のWINスタジアムで、オーストラリア・カンファレンス首位の強豪ブランビーズと対戦する。

不測の事態により、サンウルブズは第4節から第9節まで国外6連戦という過酷な戦いを強いられることになった。

しかし海外遠征でしか高められないチームとしての一体感などもあるはずだ。

敗戦を糧にして、この日乱れたラインアウトなどのセットピース、1対1のタックルなどのディフェンスを修正したい。

サンウルブズは今年も多くの困難と闘いながら勝利をめざしている。

文:多羅 正崇

【ハイライト】ハリケーンズ vs. ヒトコム サンウルブズ|スーパーラグビー2020 第5節

多羅正崇

多羅 正崇

スポーツライター。法政二高-法政大学でラグビー部に所属し、大学1年時にはU19日本代表候補に選出される。法政大学大学院日本文学専攻卒。現在は「ラグビーリパブリック」「Number web」等に記事を寄稿。≫Twitterアカウント ≫noteアカウント

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ