人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年1月19日

福岡堅樹の今季15人制ラストゲーム、パナソニックがトヨタ自動車に勝利。トップリーグ

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

写真:会見するパナソニックWTB福岡

また、このWTB福岡についてディーンズ監督は「彼は特別な選手です。福岡がボール持った時はお客さんの息づかいが変わり、彼がボールを持つことを非常に楽しみにしています」。

「セブンズの日本代表としてチームに貢献することは嬉しく思います。1人のコーチとしてケンキ(堅樹)を指導できたことを誇りに思います」と賛辞を惜しまなかった。

WTB福岡は「僕はワイルドナイツの代表としてしっかりセブンズのメンバーに入って、オリンピックで活躍できるように頑張ってくる」。

「期待して送り出してもらうからには、必ず自分にできる最高の結果をだせるよう、1つ1つ、目の前のことを大切にして、最高の時間にしたい」。

「まずは前提にメンバーに入ることだが、やるからにはメダルを取りたいと思いますし、そのための努力をしていきたい」と新たな挑戦に意気込んだ。

写真:トヨタ自動車クロンHC(右)と姫野主将

一方、開幕2連敗となってしまったトヨタ自動車のサイモン・クロンHC(ヘッドコーチ)は、「最初の50分はいいラグビーができたと思うがその後の30分はペースがスローダウンし、相手に好きなことをさせてしまった」と肩を落とした。

だが、「スクラムは前の試合より修正できたと思います。次の課題を見つけて、次の土曜に標準を向けてやっていきたい。」と前を向いた。

FL姫野和樹キャプテンも、「メンタル的なところで、50分以降が弱かった。そこを次の試合では80分戦えるように修正していきたい」と、悔しさをにじませつつ、気持ちを切り替えていた。

2試合を終えた時点で首位に立ったパナソニックは、1月25日(土)の第3節は東京都・相模原ギオンスタジアムで、三菱重工相模原ダイナボアーズと対戦し、開幕3連勝を目指す。

これ以上負けられないトヨタ自動車は、同じく25日(土)、地元の愛知県・パロマ瑞穂ラグビー場で日野レッドドルフィンズを迎えて、今シーズン初白星を狙う。

文/写真:斉藤健仁

ジャパンラグビー トップリーグ2020

【ハイライト】トヨタ自動車ヴェルブリッツ vs. パナソニック ワイルドナイツ

斉藤健仁

斉藤 健仁

スポーツライター。1975年生まれ、千葉県柏市育ち。ラグビーと欧州サッカーを中心に取材・執筆。エディー・ジャパン全試合を現地で取材!ラグビー専門WEBマガジン「Rugby Japan 365」「高校生スポーツ」の記者も務める。学生時代に水泳、サッカー、テニス、ラグビー、スカッシュを経験。「エディー・ジョーンズ 4年間の軌跡」(ベースボール・マガジン社)、「ラグビー日本代表1301日間の回顧録」(カンゼン)など著書多数。≫Twitterアカウント

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ