人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年1月13日

【ハイライト動画あり】神戸製鋼が2連覇へ好スタート!田中&田村コンビのキヤノンを下す。トップリーグ2020開幕節

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

ジャパンラグビー トップリーグ2020

神戸製鋼コベルコスティーラーズ vs. キヤノンイーグルス

しかし、後半は神戸製鋼の攻撃力が爆発。後半スタートから日本代表のプロップ(PR)中島イシレリも投入された。

キヤノンは後半3分のPG成功により9点差(13-22)に詰めたが、神戸製鋼は同9分、FL(フランカー)トム・フランリンがゴール前で押し込みトライ(29-13)。

FLフランクリンは元ハイランダーズで、当時同チームに在籍したキヤノンのSH田中と旧知。2015年のスーパーラグビー初優勝に貢献したハードワーカーだ。

さらに後半15分にもトライを加えた神戸製鋼は同22分、ターンオーバー(攻守交代)から、2023年W杯の主力候補が閃いた。

日本代表で途中出場のアタアタ・モエアキオラが、FB山中のパスを受けてエリア中央を爆走。出場後すぐにスコアラーとなった。43-16

オーバータイムの後半42分には、世界最高のロックの1人である現役ニュージーランド代表、LOレタリックがチーム初トライ。

地元で7トライを挙げた神戸製鋼。2連覇へ好スタートを切った。

「スタートは大事だと話していました。勝てて良かったです。課題もあるので修正して、次も良い形で勝ちたいと思います」(神戸製鋼・FB山中)。

神戸製鋼の次戦は1月18日(土)。静岡・ヤマハスタジアムに乗り込み、開幕戦白星のヤマハ発動機と対戦する。

一方、キヤノンのSH田中も次戦へ意気込んだ。

「今日は良いアタックをする場面がなかったので、次の試合では良い部分を見せたいです」。

「これからファンの方々に楽しんでもらえるような試合をしていきたい。ミーティングを重ねて、勝てるキヤノンイーグルスを見てもらいたいです」。

キヤノンも今週1月18日が第2戦。東京・秩父宮ラグビー場で、1敗の三菱重工と激突。シーズン初勝利を目指す。

文:多羅正崇

多羅正崇

多羅 正崇

スポーツライター。法政二高-法政大学でラグビー部に所属し、大学1年時にはU19日本代表候補に選出される。法政大学大学院日本文学専攻卒。現在は「ラグビーリパブリック」「Number web」等に記事を寄稿。≫Twitterアカウント ≫noteアカウント

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ