人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年12月29日

「CHANGE」を胸に大学選手権ベスト8進出、筑波大学ラグビー部の2019年を振り返る

ラグビーレポート by 筑波大学新聞
  • Line

ラグビー全国大学選手権 準々決勝

【ハイライト動画】筑波大学 vs. 東海大学

春にチームが完成され、秋に成長がないと揶揄されることもあったという筑波大。今年は違った。

対抗戦だけでなく、ジュニア選手権やC戦、どの試合でも成長し続けた。WTB(ウイング)仁熊秀斗(3年・石見智翠館)は「試合が続く中で、チーム全体が成長していた」と話す。

毎試合成長しているという実感は、いつしか「日本一を狙えるチームになった」(仁熊)と思えるまでになった。

「どちらに転ぶかわからなかったからこそ、(東海大に)負けた時の実感がなかった」とSO山田雅也(3年・桐蔭学園)は語る。それは出場メンバーだけでなく、ベンチで見守ったメンバー全員が同じ思いだっただろう。

改めて、4年生がチームにもたらした影響は大きい。だが、石川は「いい先輩方に恵まれた。先輩方がいたからこそ、自分たちもそうなりたいと思えた」と語る。

今年の4年生はどうだっただろうか。HO安里大吾(3年・名護)は「チームを変えてくれた4年生がいなくなる。4年生の思いを引き継ぎながらやっていきたい」と話す。先輩から後輩へ受け継がれる想い。

学生ラグビーの面白さがここにある。

文/写真:明石尚之(筑波大学新聞)

筑波大学新聞

筑波大学新聞

筑波大学やつくば市内のニューズを扱う、筑波大学公認の新聞。発行は年7回で発行部数は2万部以上。取材や原稿執筆、紙面の作成などは学生中心で行う。»Twitter »Facebook

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ