人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年12月28日

Bシード東京高校、台風被害も周りの支援を受け花園へ。全国高校ラグビー大会

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

写真:ボールを動かすために接点の練習に精を出す

また、アタックに関しては「縦に食い込むために、そしてボールを展開するために立ってつなぐ」という意識の下、オフロードパスなどの練習にも精を出した。

モールも守備も、そしてアタックも、すべてがいいところが出たのが予選決勝の早稲田実業戦だったというわけだ。

試合序盤で相手の攻撃を我慢強い守備で抑えて零封し、アタックでは相手の強い近場やモールを押し込むことにこだわることなく、キックパス、オフロードパスなども使いつつ、ボールを展開してトライを挙げた。

昨年度の東京予選で本郷に準決勝で0-34と負けた悔しさをバネに、この1年間の努力の成果がパフォーマンスとして出た試合となった。

「花園でもモールでトライを奪って主導権を握りたい。ただ展開力も強みなので、FWも走ってランニングラグビーができるようにしたい」(副キャプテン・石井)。

3年生の多くが、3年前の中学3年時に東京がベスト8に入った大会を見て「強いチームだったので憧れた」と東京に進学した選手たちだ。早稲田実業を下しての出場ということもあり、Bシードにも選出された。

熊田主将は「目標は、(3年前のチームと同じ)ベスト8です。花園で年越しをして再び、東京を有名にしたい」と力を込めた。

◆全国高校ラグビー大会 2回戦
・12月30日(月)12:45 黒沢尻工業(岩手) vs. 東京(東京第1)

文/写真:斉藤健仁

斉藤健仁

斉藤 健仁

スポーツライター。1975年生まれ、千葉県柏市育ち。ラグビーと欧州サッカーを中心に取材・執筆。エディー・ジャパン全試合を現地で取材!ラグビー専門WEBマガジン「Rugby Japan 365」「高校生スポーツ」の記者も務める。学生時代に水泳、サッカー、テニス、ラグビー、スカッシュを経験。「エディー・ジョーンズ 4年間の軌跡」(ベースボール・マガジン社)、「ラグビー日本代表1301日間の回顧録」(カンゼン)など著書多数。≫Twitterアカウント

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ