人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年12月27日

浦和、青森山田、大分東明が花園初勝利、全国高校ラグビー大会が開幕

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

写真:青森山田の初勝利に貢献したNO8フィナウ

◆第2グラウンド
○青森山田(青森)29-0 坂出第一(香川)●
○黒沢尻工業(岩手)82-0 米子工業(鳥取)●
○札幌山の手(南北海道)26-14 高鍋●

第2グラウンドでは初出場の青森山田(青森)が坂出第一(香川)を29-0で破り、嬉しい初勝利を挙げた。

2トライを挙げたNO8リサラ・フィナウは「前半の最初の10分で100%やってペースを掴もうとしました。アタックは70点くらい。ディフェンスはまだまだ」と反省していた。

第2試合は得意のモールなどで黒沢尻工業(岩手)が14トライを挙げて米子工業(鳥取)を82-0で圧倒。

3試合目は札幌山の手(南北海道)と高鍋が対戦した。お互いに持ち味を出し合う展開となったが、「リーチ2世」NO8ヴェア・タモエフォラウがハットトリックを達成した札幌山の手が26-14で勝利した。

写真:大分東明のNO8ブル

◆第3グラウンド
○長崎北陽台(長崎)53-0 桐生第一(群馬)●
○大分東明(大分) 35-0 飯田(長野)●
○松山聖陵 38-10 旭川龍谷(北北海道)●

第3グラウンドの第1試合は長崎北陽台(長崎)が2年連続出場となった桐生第一を攻守で圧倒し、53-0と快勝した。

2試合目は、33年連続出場していた大分舞鶴の牙城を崩した初出場の大分東明が飯田(長野)と対戦した。

大分東明は前半16分、フィジー人留学生のNO8セコナイヤ・ブル(2年)がトライを挙げると勢いに乗り、5トライを重ねて35-0で快勝。嬉しい花園初勝利となった。

NO8ブルは「花園を目指す気持ちは日本人の選手たちと同じです。すごく緊張して最初から集中することできなかったが、みんなで乗り越えた」。

「周りをしっかり引っ張ることができた。みんなの力を合わすことができ、初出場で最初の試合で勝って嬉しい」と流ちょうな日本語で話した。

また、第3試合は地力で勝る松山聖陵(愛媛)が旭川龍谷(北北海道)に38-10で勝利した。

大会2日目の12月28日(土)は、27日に続いて1回戦の11試合が行われる。

文/写真:斉藤健仁

全国高校ラグビー大会 1回戦

【ハイライト】玉島高校 vs. 浦和高校

斉藤健仁

斉藤 健仁

スポーツライター。1975年生まれ、千葉県柏市育ち。ラグビーと欧州サッカーを中心に取材・執筆。エディー・ジャパン全試合を現地で取材!ラグビー専門WEBマガジン「Rugby Japan 365」「高校生スポーツ」の記者も務める。学生時代に水泳、サッカー、テニス、ラグビー、スカッシュを経験。「エディー・ジョーンズ 4年間の軌跡」(ベースボール・マガジン社)、「ラグビー日本代表1301日間の回顧録」(カンゼン)など著書多数。≫Twitterアカウント

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ