人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年12月19日

早稲田大学、プレーの精度を上げ『荒ぶる』を目指す。ラグビー全国大学選手権準々決勝

ラグビーレポート by 早稲田スポーツ新聞会
  • Line

対する早大は、対抗戦の最終節で、拮抗した展開であった前半に反して、後半は明大の強さに圧倒され、7-36と完敗。

「全部のプレーの精度で明治のほうが上回っていた」とLO(ロック)下川甲嗣(スポ=福岡・修猷館)が振り返ったように、全てのプレーの精度の底上げが課題として見えた試合だった。

前の試合からの間隔が1週間しかない日大に比べ、3週間あることも早大にとってのアドバンテージと言えるだろう。この期間でどれほど修正できるか。

また、特にセットプレーでの劣勢が顕著であったため、それを得意とする日大戦に向けて強化する必要があるだろう。

今後もFWを強みとする強豪との対戦が予想される。FW勝負で主導権を握り、早大が誇るBKへとボールをつなげるよう、セットプレーの安定が求められるはずだ。

外気は冷たさを増し、ますます大学ラグビーの熱が高まる季節になった。「この3週間しっかり準備して1戦1戦また成長できたらいい」(PR小林賢太、スポ2=東福岡)。

目標はその先にあるが、まずは目の前の相手に勝ち切ることが重要だ。大学選手権の初戦、そして勝利すれば2年連続の「年越し」が決定するという重要な一戦。

今までやってきたことを全て出し切り、隙のない「早稲田ラグビー」を展開してみせる。

文:山口日奈子/写真:小田真史、石井尚紀(早稲田スポーツ)

早稲田スポーツ新聞会

早稲田スポーツ新聞会

1959(昭和34)年創刊。人気の野球、ラグビーを中心に早大体育会44部をくまなく取材し、年12回の新聞発行およびWebやSNSによる情報発信を行う。現在部員170名で活動。»早スポHP»Twitter»Facebook

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ