人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年11月22日

優勝争い、大学選手権出場争いも佳境。11月23・24日大学ラグビーのみどころ

ラグビーニュース by 斉藤 健仁
  • Line

同じく24日(日)には群馬・敷島公園サッカー・ラグビー場でも2試合が行われる。1試合目は、ともに白星のない5敗同士の青山学院大学と成蹊大学が対戦し、今年、初勝利を目指す。。

もう1試合は、現在、2勝3敗同士の筑波大学vs.日本体育大学の対戦で、勝った方が大きく大学選手権出場に近づく大一番である。

接点で強みを見せる筑波大はNO8(ナンバーエイト)土谷深浩(4年)らがFWを引っ張り、BKにもWTB(ウィング)仁熊秀斗(3年)ら能力の高い選手が揃う。

日体大もディフェンスで粘りを見せて、決定力の高いNO8ハラトア・ヴァイレア(2年)、キャプテン石田大河(4年)らでトライを重ねたい。

◆11月23日(土・祝)
・午後02:00 早稲田大学 vs. 慶應義塾大学 秩父宮

◆11月24日(日)
・午前11:30 成蹊大学 vs. 青山学院大学 前橋敷島
・午後02:00 明治大学 vs. 帝京大学 秩父宮
・午後02:00 日本体育大学 vs. 筑波大学 前橋敷島

写真:日本大学が大学選手権に王手

◆関東リーグ戦、日大が6季ぶりの大学選手権出場を決めるか?

最後に事実上、東海大学の優勝が決まった関東大学リーグ戦も東京・江戸川陸上競技場で2試合行われる。

1試合目は1勝4敗の拓殖大と、今年、まだ0勝5敗の中央大学が戦う。大東文化大学に勝利したが、なかなか2勝目を挙げられない拓殖大学はキャプテンPR(プロップ)河田和大(4年)や、留学生を中心にFWでペースをつかみたい。一方の中央大はFWが踏ん張って、得意の展開ラグビーで勝機を見いだしたい。

もう1試合は引き分け以上で、ほぼ大学選手権出場が決まる日本大学と、勝てばかろうじて大学選手権出場の可能性が残る専修大学の対戦だ。

日大はキャプテンPR坂本駿介(4年)を中心としたセットプレーが強固で、先週の試合でWTB高野謙人(2年)がハットトリックを達成するなど、BKの調子も上がってきた。しっかり勝って大学選手権出場を決めたい。

一方の専修大学としてはPR石田楽人、LO(ロック)山極大貴(ともに4年)らが踏ん張り、相手のスクラム、モールの圧力を回避して、1年生SH友池瞭汰らを中心展開力で上回りたいところだ。

23日(土・祝)、24日(日)ともに関東も関西も天候はあまり良くないと予想されている。ボールが滑る中、FW戦やディフェンスが勝負の鍵を握りそうだ。

◆11月24日(日)
・午前11:30 中央大学 vs. 拓殖大学 江戸川陸上
・午後02:00 専修大学 vs. 日本大学 江戸川陸上

文/写真:斉藤健仁

ラグビー関東大学リーグ戦2019

【ハイライト】流通経済大学 vs. 東海大学

斉藤健仁

斉藤 健仁

スポーツライター。1975年生まれ、千葉県柏市育ち。ラグビーと欧州サッカーを中心に取材・執筆。エディー・ジャパン全試合を現地で取材!ラグビー専門WEBマガジン「Rugby Japan 365」「高校生スポーツ」の記者も務める。学生時代に水泳、サッカー、テニス、ラグビー、スカッシュを経験。「エディー・ジョーンズ 4年間の軌跡」(ベースボール・マガジン社)、「ラグビー日本代表1301日間の回顧録」(カンゼン)など著書多数。≫Twitterアカウント

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ