人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年11月15日

優勝争い、大学選手権争いの重要な週末。ラグビー関東リーグ戦&関西大学リーグのみどころ

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

◆大学選手権出場にあと少しの日本大学と中央大学の対戦

17日(日)には現在、3勝1敗で3位につけている日本大学と、0勝4敗と未だ勝ち星のない中央大学が埼玉・セナリオハウスフィールド三郷で対戦する。

リーグ戦は、今シーズン、上位3チームしか大学選手権に出場できないが、日本大は順当に行けば、残り3試合で2勝すれば出場することができる。

前の試合で東海大に大敗した日本大だが、キャプテンPR坂本駿介(4年)、新井真魚(2年)、HO(フッカー)藤村琉士(3年)を中心としたスクラム、ラインアウトからのモールでプレッシャーをかけてリズムをつかみたい。

中央大としてはキャプテンFL石渡健吾、PR荒川遼司郎(ともに4年)を中心にセットプレーで互角に持ち込み、勝機を見いだしたい。

◆関西は全勝の天理大学が1敗の同志社大学と対戦

関西大学Aリーグは17日(日)、滋賀・皇子山陸上競技場で2試合行われる。先週、同志社大学に勝利して、4勝1敗で大学選手権出場を決めて京都産業大学は、今季、1勝4敗と調子の上がらない立命館大学と対戦する。

京都産業大はキャプテンLO伊藤鐘平(4年)、ルーキーのLOアサエリ・ラウシの2人を中心としたセットプレーでプレッシャーをかけて主導権を握りたい。

立命館大はFWが踏ん張り、決定力のあるCTB木田晴斗、WTB藤井健太郎(ともに2年)に良い形でボールを供給できるか。

もう1試合は開幕5連勝の天理大学が、4勝1敗の同志社大のチャレンジを受ける。なお、両校ともに大学選手権への出場は決まっている。

同志社大としてはPR田中翔、NO8服部綾(ともに4年)が中心となって相手のFWをどこまで止めることができるかが鍵となろう。

逆に天理大はキャプテンFL岡山仙治(4年)を中心に、ルーキーのLO ナイバルワガ セタ(1年)、LOアシペリ ・モアラ、NO8ジョネ ・ケレビ(ともに2年)らFW陣で圧倒したいところだ。

両リーグともに佳境に入ってきた。ラストシーズンを迎えている4年生の勇姿に期待したい。

◆関西大学リーグ 今週の試合日程
・11月17日(日)午後0:00 立命館大学 vs. 京都産業大学 皇子山
・11月17日(日)午後2:00 同志社大学 vs. 天理大学 皇子山

文/写真:斉藤健仁

斉藤健仁

斉藤 健仁

スポーツライター。1975年生まれ、千葉県柏市育ち。ラグビーと欧州サッカーを中心に取材・執筆。エディー・ジャパン全試合を現地で取材!ラグビー専門WEBマガジン「Rugby Japan 365」「高校生スポーツ」の記者も務める。学生時代に水泳、サッカー、テニス、ラグビー、スカッシュを経験。「エディー・ジョーンズ 4年間の軌跡」(ベースボール・マガジン社)、「ラグビー日本代表1301日間の回顧録」(カンゼン)など著書多数。≫Twitterアカウント

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ