人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー ニュース 2019年10月18日

控え8人のうちFWが6人、南アフリカが日本戦に挑む23名を発表。ラグビーワールドカップ2019

ラグビーニュース by 斉藤 健仁
  • Line

試合について、指揮官は「日本にFW周辺のスペースを与えないこと。そして我々の強い、フィジカルなラグビー、セットプレ、モール、スクラムでプレーすることです」と意気込んだ。

エラスムス監督は日本の印象について「あの(9月6日の)試合以降、日本の成長ぶりは、アイルランドやスコットランドを打ち負かし、プールのトップに立ったのですさまじい」と話した。

「ただ、彼らが向上したと言うのは事実だが、私たちもあの試合以来、多くのことを改善したと感じている」。

そして、「ニュージーランドとの試合で、2トライを許した4分間を除いて、私たちは本当に良いラグビーをして、多くのトライを挙げたと思った」と自チームの成長にも自信を口にした。

東芝でもプレー経験のあるSO(スタンドオフ)/CTB(センター)フランソワ・ステインは「自分の役割を果たし、チームでベストを尽くすだけです。私たちは良いプランを持っていて、皆がそれに集中している」。

「私たちはニュージーランドのようにスピードを出すのが好きなチームと対戦し、選手たちはそれに対処した。日本代表がボールを持っている時間があるでしょうし、彼らがボールを持った時に、どうやって彼らを止めるかが重要」と意気込んだ。

◆南アフリカ代表 先発予定メンバー
※( )内はキャップ数

1 テンダイ・ムタワリラ(110)
2 ボンギ・ンボナンビ(33)
3 フランス・マルハーバ(35)
4 エベン・エツベス(82)
5 ルード・デヤハー(42)
6 シヤ・コリシ(47)
7 ピーター ステフ・デュトイ(52)
8 ドウェイン・フェルミューレン(51)
9 フランソワ・デクラーク(27)
10 ハンドレ・ポラード(45ヤップ)
11 マカゾレ・マピンピ(11)
12 ダミアン・デアリエンディ(44)
13 ルカニョ・アム(12)
14 チェスリン・コルビ(12)
15 ウィリー・ルルー(58)

◆控え

16 マルコム・マークス(30)
17 スティーヴン・キッツォフ(44)
18 ヴィンセント・コッホ(18)
19 RG・スナイマン(20)
20 フランコ・モスタート(36)
21 フランソワ・ロウ(73)
22 ハーシェル・ヤンキース(8)
23 フランソワ・ステイン(64)

文:斉藤健仁

斉藤健仁

斉藤 健仁

スポーツライター。1975年生まれ、千葉県柏市育ち。ラグビーと欧州サッカーを中心に取材・執筆。エディー・ジャパン全試合を現地で取材!ラグビー専門WEBマガジン「Rugby Japan 365」「高校生スポーツ」の記者も務める。学生時代に水泳、サッカー、テニス、ラグビー、スカッシュを経験。「エディー・ジョーンズ 4年間の軌跡」(ベースボール・マガジン社)、「ラグビー日本代表1301日間の回顧録」(カンゼン)など著書多数。≫Twitterアカウント

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ