人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー ニュース 2019年10月14日

2019年10月13日、日本代表が横浜に刻んだ歴史的瞬間。ラグビーワールドカップ、日本 vs. スコットランド レポート

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

対する日本はボールを保持して積極的に展開し17分、左サイドに展開すると、WTB(ウィング)福岡堅樹のオフロードパスを受け取ったWTB松島がそのままインゴールまで持ち込みトライ。SO田村のキックも決まり、7-7と試合を振り出しに戻す。

さらにホームの大声援を背に勢いを増す日本は25分、敵陣深い位置から攻撃。

最後はHO(フッカー)堀江翔太、LO(ロック)ジェームス・ムーア、FB(フルバック)ウィリアム・トゥポウとつないで、最後はPR(プロップ)稲垣啓太が中央にトライを挙げて逆転。田村のコンバージョンも決まって14-7とする。

その後も日本はボール支配率を高めながら優勢に試合を運び、39分には左サイドタッチライン際へCTB(センター)ラファエレ ティモシーの繰り出したキックパスに、走り込んだ福岡が快速を飛ばしてトライを決め、21-7とリードして前半を折り返した。

勢いの止まらない日本は後半開始間もない2分、福岡が相手ボールを奪い、そのまま50m独走しトライを決め、ボーナスポイントを確定させる4トライ目を得て28-7とした。

しかし、過去8大会で7回決勝トーナメントに進出しているスコットランドもベスト8に向けて意地を見せる。

クイックスローを起点に、テンポの早い攻撃から敵陣深い位置でのピック・アンド・ゴーで押し込み、最後は9分にPRのWP・ネルのトライで得点を挙げると、14分にもクイックスローからパスを繋いでトライを奪い、28-21と盛り返す。

それでも日本は動じずにボールを保持しながら攻めつつ、ディフェンスで身体を張り、最後は途中出場のFB(フルバック)山中亮平がタッチに蹴り出しノーサイド。

日本は予選プール戦4試合全勝で堂々の1位で悲願の準々決勝進出を果たした。一方、スコットランドは、2011年大会以来となる2度目の予選プール敗退となった。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ