人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー ニュース 2019年10月12日

雨中のフィジカルバトル、オーストラリアがジョージアに勝利。ラグビーワールドカップ2019 オーストラリア vs. ジョージア

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

続いて指揮官は「長い間にはアップダウンがあったが、常に前進し、全力でやってきた。今日、選手たちは全身全霊で守った。だから責められない。彼らは全力を出し切った」と選手たちをねぎらった。

キャプテンのCTBメラブ・シャリカゼも「よく戦った。精いっぱいやったが、十分得点できなかった。ミスが多すぎた。相手はそういうミスを見逃さない」。

「今後はチームを強化し、もっと創造性のある攻撃をしてトライを決められるようにしたい。守備は良くても得点できなければ勝てない。でも、チームや祖国を誇りに思う」。

「チームには若手もいる。次のワールドカップに向けて強化して、今度はもっといい成績を残したい」と悔しさをにじませつつも次へと気持ちを切り替えた。

勝利したオーストラリアのマイケル・チェイカHCは、「FW陣にはハードなプレーをしてほしかった。ちょっと後退気味だったが、このトリッキーなピッチ状態では仕方ない」と振り返った。

「次は強敵が待っている。われわれは成長してきたが、強化し続ける必要がある。攻撃をもっと精度を上げていかないといけない」と早くも準々決勝へと目を向けていた。

ゲームキャプテンを務めたFLポーコックは「初めてのジョージアとの対戦だったので、フィジカルな戦いになることはわかっていたし押し込まれたが、私たちのセットプレーはパーフェクトだった」。

「それでボールをワイドに展開しようとした。しかし、ジョージアのディフェンスは最後まで素晴らしかった」と試合を振り返った。

さらに、「今日はロブ・シモンズが100キャップ達成したので、それを祝い、次の準々決勝に備えたいですね」と笑顔を見せた。

ジョージアはこれで4位以下が確定し、2023年のフランス大会は予選から参加しなければならなくなった。

また、長く「レロス」こと、ジョージアを牽引してきたベテランFLマムカ・ゴルゴゼにとってもこれがワールドカップ最後の試合となった。

一方、オーストラリアは勝ち点を16まで伸ばし、ウェールズvs.ウルグアイの結果次第で、準々決勝の対戦相手がイングランドかフランスか決まる。

文:斉藤健仁

【ハイライト映像】オーストラリアvs.ジョージア ラグビーワールドカップ

(c) Rugby World Cup Limited 2019

斉藤健仁

斉藤 健仁

スポーツライター。1975年生まれ、千葉県柏市育ち。ラグビーと欧州サッカーを中心に取材・執筆。エディー・ジャパン全試合を現地で取材!ラグビー専門WEBマガジン「Rugby Japan 365」「高校生スポーツ」の記者も務める。学生時代に水泳、サッカー、テニス、ラグビー、スカッシュを経験。「エディー・ジョーンズ 4年間の軌跡」(ベースボール・マガジン社)、「ラグビー日本代表1301日間の回顧録」(カンゼン)など著書多数。≫Twitterアカウント

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ