人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー ニュース 2019年10月5日

イタリア、痛恨のレッドカードで南アフリカに大敗。ラグビーワールドカップ2019 南アフリカ vs. イタリア

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

そんなイタリアにさらに不運に見舞われる。17分、交替で入った右PRリッチョーニも肋骨の痛みとHIA(ヘッドインジャリーアセスメント)で退いてしまい、それ以降、スクラムを組み合わないアンコンテストのスクラムになる。

右プロップを失い、スクラムでの攻撃オプションが減ってしまったイタリアはそれでも何度か敵陣まで攻め込むが、やはりミスで得点には結びつけることができない。

逆に26分、南アフリカは敵陣5mのマイボールラインアウトからドライビングモールで押し込み、マルコム・マークスに替わって先発したHO(フッカー)ボンギ・ンボナンビがトライ。SOポラードのゴールも決まり17-3とリードを広げた。

その後、前半残りの10分は両者攻め手に欠き、南アフリカ代表が17-3とリードして前半を折り返す。

「17-3であれば、まだなにかできる」とイタリア代表のコナー・オシェイHC(ヘッドコーチ)。

後半、なるべく早く点を取って流れを変えたいイタリアは、FL(フランカー)、ジェイク・ポレドリ、エイブラハム・ユルゲン ステイン、NO8(ナンバーエイト)セルジオ・パリセら、バックローがブレイクし、敵陣5mまで勢いよく攻め込んでいく。

アドバンテージもあり、落ち着いて攻めていけばスコアできるはずだった……。

しかし、後半2分、PRアンドレーア・ロヴォッティとニコラ・クアーリョが南アフリカ代表のNO8ドウェイン・フェルミューレンをひっくり返して、頭から落とすよう危険なタックルで倒してしまう。

ロヴォッティはレッドカードとなり、チャンスから一転、イタリアはさらに左PRを失い、14人での戦いを強いられることになる。

その後は、当然のように南アフリカが試合の主導権を握る。10分にポラードのPGで3点を加え20-3とすると、12分、SOポラードのオープンスペースのキックをWTBコルビが拾い上げてトライ。25-3とリードを広げる。

イタリアも厳しい状況の中でもなんとかパスをつないでチャンスを作るが、17分、ミスからこぼれ球を南アフリカのCTB(センター)ルカニョ・アムに奪われ、そのまま一気に走りこまれてトライを許す。

南アフリカは4トライ目となりボーナスポイントを獲得した。SOポラードは、パーシー・モンゴメリーの記録を抜く113得点で南アフリカ史上ワールドカップの最多得点となるゴールも決めて、32-3とイタリアを突き放す。

27分にもWTBマカゾレ・マピンピ、35分にLO(ロック)のRG・スナイマン、終了間際の40分にHOマルコム・マークスもトライを決めて、南アフリカ代表が結局7トライを挙げ49-3で快勝しノーサイドを迎えた。プレイヤー・オブ・ザ・マッチには2トライを挙げたWTBコルビが選出された。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ