人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年10月4日

息を吹き返したフィジー。ジョージア相手に7トライを奪取。ラグビーW杯日本大会「ジョージア vs. フィジー」

ラグビーレポート by 真鍋 雅彦
  • Line

後半4分、ジョージア陣22m付近のラックから左に展開。ヴォラヴォラからの飛ばしパスを受けたFBキニ・ムリムリヴァルが相手を引きつけたあとバックフリップパスでラドラドラに繋ぎ、そのあと内側にサポートしていたSHフランク・ロマニに返してトライ(ゴール失敗で10-3)。

さらにその5分後、ジョージア陣30m付近の左サイドのラインアウトから、右に大きく展開。9→12→10→11→14と繋ぎ、最後はWTBジョシュア・トゥイソバが右スミに飛び込んだ(ゴール失敗で17-3)。

その直後、ジョージアも反撃。トライのあとのキックオフのボールをWTBギオルギ・クヴェセラゼがキャッチ。自慢のFW陣がゴール前まで持ち込み、最後はFLマムカ・ゴルゴゼが押さえて(ゴール成功)、17-10と1トライ1ゴール差に詰め寄った。

しかし、ここからは完全にフィジーペース。前半はほとんど見ることができなかった伝家の宝刀とも言えるオフロードパスが炸裂し、後半20分、27分、29分、35分と立て続けにトライ。3本目のトライまでは当たりが悪かったヴォラヴォラのゴールキックも冴え始め、最終的には45-10という大差でフィジーが今大会初勝利を挙げた。

ジョージアも前半こそ粘りのディフェンスを見せたが、本来の力と自信を取り戻したフィジーの前になすすべなし。圧倒するはずだったスクラム戦でも苦戦し、ジョージアの良さを完全に消された形になった。

フィジー、ジョージアともに次は最終戦で、フィジーはウェールズ(10/9)と、ジョージアはオーストラリア(10/11)と相まみえる。

注目はウェールズ×フィジー戦。フィジーは失うものがないだけに、ウェールズも相当手こずりそうな気がするが、果たして――。

文:真鍋 雅彦

【ハイライト】ジョージア vs. フィジー ラグビーワールドカップ2019 プールD

真鍋 雅彦

真鍋 雅彦

フリーライター。1957年大阪府生まれ。父の影響で小学生の頃からラグビーに親しむ。大学卒業後、ベースボール・マガジン社勤務を経てフリーランスに。主にラグビー、野球、ゴルフなどの原稿を執筆。2014~18年、キヤノンイーグルスWEBページのオフィシャルライターを務める。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ