人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー ニュース 2019年10月3日

イタリア、悲願のベスト8を賭け、南アフリカに挑む。ラグビーワールドカップ

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

9月20日(金)に開幕したラグビーワールドカップ、予選プールも折り返しを迎え、各プールも決勝トーナメント争いが激しくなってきた。

10月4日(金)、静岡の小笠山総合運動公園エコパスタジアムで、プールBの南アフリカ代表とイタリア 代表が激突する。

「スプリングボクス」こと、南アフリカは、予選プール初戦でいきなり大一番を迎え、「オールブラックス」こと、ニュージーランド代表と熱戦を演じるが13–23で敗れた。

続く第2戦では、同じアフリカのナミビアに57-3と快勝し、現在、総勝ち点5でプール3位についている。

J SPORTS 番組情報

南アフリカは2016年に18-20で敗れているイタリアが相手ということで、ナミビア代表戦から10人の選手を変更した。

概ねオールブラックス戦と同じ布陣で、キャプテンにはFL(フランカー)シヤ・コリシ、FW第1列には「ビースト」こと、PR(プロップ)テンダイ・ムタワリラ、HO(フッカー)にボンギ・ンボナンビが、ナミビア戦に続いて先発し、3番PRにはフランス・マルハーバが入った。

J SPORTS オンデマンド番組

ラシー・エラスムス監督は、「フロントローは、スクラムやモールで強さを出せる3人を選んだ。LO(ロック)にルード・デヤハーを入れたのは、イタリアは休養十分で、組合せが決まった時からこの試合に向けて照準を合わせてきている」。

「ルートはラインアウトに強いし、後半からフランコ(・モスタート)を出せば、相手にとっては嫌だろう。そしてバックスのバックアップには万能なベテラン、フランソワ・ステインがいるので問題がない。SH(スクラムハーフ)フランソワ・デクラークもSO(スタンドオフ)ができる」と起用の理由を説明した。

続いて、ヘッドコーチは「誰しもが言っているように、このような(湿気のある熱い)コンディションなので、入りの15分から20分間しっかりといいラグビーをしておかないと、その後ボールをキープするのが難しくなる」。

我々はイタリアに3年前に負けている。(9月6日の)日本代表戦の時のようなプレーをしてはいけない。イタリア代表にしっかり勝たないといけない」と必勝を誓った。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ