人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年10月2日

アイルランドがプールA突破へセクストン復帰。「アイルランド vs. ロシア」プレビュー。ラグビーW杯日本大会

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

ロシア/FBワシリー・アルテミエフ主将

一方のロシアは開幕2連敗(勝ち点0)でプール最下位だ。

すでにプール戦突破は現実的な目標でなく、W杯1勝を全力で勝ち取りたい。その意志はアイルランド戦のメンバーにも見て取れる。

先週のサモア戦からは中8日という恵まれた日程だが、先発15人中9人を変更したのだ。

先発15人に日本との開幕選手にも出場した主力のPRワレリー・モロゾフ、SHワシリー・ドロフェエフ、SOユーリー・クシナリョフらの姿はない。

司令塔は精密キッカーのSOラミリ・ガイシン、ポジション最後尾にはFBワシリー・アルテミエフ主将が立ち、チームを引き締める。

ロシアは明らかに主力に休養を与えており、おそらくは中5日で迎える次戦、スコットランドとの一戦に全力を投入する構えだろう。

ロシアはいまだ大会未勝利だが、強いフィジカルは日本戦で証明済み。スコットランドは日本とのプール最終戦を前に、やっかいな相手と対峙することになりそうだ。

ちなみに舞台は神戸市御崎公園球技場だが、開閉式の屋根が話題になっている。

9月30日に行われたスコットランド×サモアでは屋根が閉じられ蒸し風呂状態になったという。両軍のハンドリングエラーも多かった。

注目ポイントが多い「アイルランド×ロシア」は、JSPOTSが独占生中継する。10月3日午後6:55からJSPORTS 2で生放送、オンデマンドでもLIVE配信される。

多羅正崇

多羅 正崇

スポーツライター。法政二高-法政大学ではラグビー部に所属。大学1年時にU19日本代表候補に選出される。法政大学大学院日本文学専攻卒。現在は「ラグビーリパブリック」「Number web」等に記事を寄稿。ユーモアエッセイストとしても活動中。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ