人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年9月19日

ワールドカップ日本代表にOBが7人が入った帝京大学、序盤を危なげなく3連勝。ラグビー関東大学対抗戦

ラグビーレポート by 帝京スポーツ新聞部
  • Line

写真:MOMを獲得した奥村

23分には脚の止まった相手のスクラムを猛プッシュ。そのままスクラムトライをあげた。さらに31分、41分にも同様にスクラムトライをあげ、ノーサイド。80-7で快勝した。MOM(マン・オブ・ザ・マッチ)には奥村が選出された。

試合後SH(スクラムハーフ)土永雷(3年=光泉)は「前半のはじめは受け身でプレーしていた分、相手にやられることも多かった。ハーフタイムで気持ちを入れ替えた」と語った。

さらに「自分の持ち味であるテンポの良い球さばきで、攻撃を後押しできたと思う」と持ち味を発揮できていることも教えてくれた。PR(プロップ)清水岳(3年=大阪桐蔭)も同様に「入りが良くなかった」と反省を口にした。

また、9月20日から始まるラグビーワールドカップでは、帝京大OBか7人出場する。特に注目している選手を聞くと「SHの流大さん」(土永)「全員」(清水)と答えてくれた。

ここまでの3試合を振り返ると、要所でミスが起こり、本来の帝京大のプレーが発揮できていないように思える。

再開後は筑波大学、早稲田大学、明治大学、慶應義塾大学と接戦が続くことが予想されるため、要注意だ。一方、収穫としては対抗戦の経験者が増えてきたことだ。

いよいよ間近に迫ったラグビーワールドカップ。大和スポーツセンターにも2432人の観客が詰めかけた。日本開催のワールドカップも楽しみだが、今季、帝京大が大学選手権で優勝する瞬間も楽しみだ。

文・太田和樹/写真・亀ヶ谷沙希(帝京スポーツ新聞部)

代替画像

帝京スポーツ新聞部

1996年創刊。帝京大学体育局所属の公認クラブにして唯一の学生新聞。ラグビー部をはじめ、柔道部、空手部、野球部など帝京大体育局の情報を年4回の発行で熱く伝える。現在部員13名で活動。 Twitter @teikyo_sports

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ