人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年9月6日

初戦は立ち上がりに苦しんだ早稲田大学、次戦は青山学院大学と対戦。ラグビー関東大学対抗戦

ラグビーレポート by 早稲田スポーツ新聞会
  • Line

スクラムでは相手を圧倒した

初戦を無事に白星で飾ったが、試合後早大の選手たちは反省の弁を口にした。特に克服すべき課題は「立ち上がりの悪さ」だ。

日体大戦では、先制点を献上した焦りからか前半はミスが相次ぎ、確実なゲインを重ねるものの、点を取り切れないという場面が目立った。

青学大は昨年の対抗戦で完封勝利を収めた相手。対抗戦優勝のためには、勝利はもちろん、得点差もポイントになる。立ち上がりから集中して主導権を握ることで不用意な失点をなくし、得失点差で優位に立ちたいところだ。

そうすれば次に控えるヤマ場の筑波大戦にも、気持ちに余裕を持って臨むことができるだろう。

「取った点数より取られた点数を突き詰めて青学大戦に向かっていきたい」とSH(スクラムハーフ)齋藤直人主将(スポ4=神奈川・桐蔭学園)は言う。

日本一を目指すチームとして、立ち上がりから自分たちのペースに持ち込んで青学大を圧倒し、今後に弾みをつけたい。

文:町田華子/写真:石井尚紀(早稲田スポーツ)

早稲田スポーツ新聞会

早稲田スポーツ新聞会

1959(昭和34)年創刊。人気の野球、ラグビーを中心に早大体育会44部をくまなく取材し、年12回の新聞発行およびWebやSNSによる情報発信を行う。現在部員170名で活動。»早スポHP»Twitter»Facebook

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ