人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年9月4日

京都産業大学、関西学院大学に敗れまさかの黒星発進。ラグビー関西大学リーグ

ラグビーレポート by 京産大アスレチック
  • Line

キックの名手、FB(フルバック)栢本光(天理)がコンバージョンを外すも、62分にはモールトライを宮崎達也(伏見工業)が押さえて17-19の2点差に迫った。

しかし、その後はズルズルと自陣でペナルティを繰り返し、3本のPG(ペナルティゴール)を決められてしまう。残り9分で平野がシンビンとなり万事休す。最終的には17-28で敗れた。

大西監督は「キャプテンが不在、例年より早い開幕など、不安を抱えたまま開幕を迎えてしまった。

FW(フォワード)で勝負に出られず、強みのはずのセットプレーで自分たちの展開に持って行けなかった。BKはディフェンス、オフェンスともにリズムがとれていなかった」と振り返る。

伊藤鐘平キャプテンは、「試合中にチームを鼓舞する人がいなかった。自分がグラウンドにいたら、と思う場面はあった。受け身の戦いとなり、自分たちの力を全く出せないまま終わってしまった」と肩を落とす。

写真:試合中に仲間を鼓舞する伊藤鐘平キャプテン。彼の復帰までにチームがどう成長できるか

しかし、チームの状態が悪くても、リーグ戦は続く。大西監督ラストイヤーに、悲願である大学日本一を達成するために、踏ん張らなくてはいけない。

「今後は正念場にはなるが、まだ試合は残っている。これからは絶対に負けるわけにはいかない、次の大阪体育大学戦まで1週間ないが、なんとか立て直していく」(大西監督)。

「今日は日頃の甘さが出た。キャプテン不在という状況がきついのは分かるが、それを他人事にするのではなく、1人1人が中心になってほしい。特に4回生がしっかり結果を受け止めてほしい」(中川選手兼コーチ)。

ゲームキャプテンを務めた田中利輝は、「キャプテン不在を言い訳にはできない」と話す。「きつい練習は、やってきている」とも。

次戦は9月7日、大阪体育大学戦。ラグビージャーナリスト村上晃一氏や、元7人制日本代表ヘッドコーチの瀬川智広氏、元日本代表の菊谷選手など、数々の著名人を輩出し、今年創部50周年を迎える名門だ。

昨季圧勝した相手だが、油断はできない。関学大戦からチームをどう立て直していくのか。不完全燃焼の初戦をどう反省し、次に向かうのか。追い込まれた状況で、京産大の底力が試される。

文/写真:岩田悠吾(京産大アスレチック)

代替画像

京産大アスレチック

京都産業大学体育会本部編集局は年4回、「京産大アスレチック」という体育会の広報新聞を作成しています。また、SNSなどを活用し、試合速報やブログ記事の更新、号外・試合告知ポスターの発行を行っています。 »HP »Twitter »Facebook

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ