人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年8月30日

京都産業大学、大西監督ラストイヤーに大学日本一を目指す。ラグビー関西大学リーグ

ラグビーレポート by 京産大アスレチック
  • Line

試合後、円陣を組む選手たち。キャプテン不在を、圧倒的なコミュニケーションで補う計画だ

順調なチームに試練が訪れたのは6月の日本大学戦。絶対的キャプテンだった伊藤鐘平が足をケガ。3か月の離脱と診断された。ワールドカップによる中断期間後からの復帰となる。

「彼が帰って来るまでの前半戦で取りこぼしをすると厳しくなる。特に近畿大戦は厳しい戦いとなるが、全部取らなければいけない」(大西監督)。

しかし、7月の春季トーナメント決勝で天理大に完敗するなどチームは思うような結果を残せていない。

シーズン前半戦は、残されたメンバーがどこまで結束できるかがカギになる。そこで黒星がつくような事態になると、後半戦は強豪との対戦が続くため厳しいシーズンとなる。

京産大の強みは今季もスクラムとモールだ。スクラムは天理大と互角に組む。伊藤鐘史コーチとラインアウトを磨き、モールに繋げる。前述の中央大戦でもスクラムは終始優勢。ラインアウトからモールトライも取った。

一方で春季大会から弱みと認識していたディフェンスを狙われた。相手ウイングにディフェンスを突破される。夏合宿でも重点的に取り組んだがまだまだ練習が必要だ。

リーグ戦初戦の相手は関西学院大学。昨年は順位を終盤まで競り合った相手だ。今シーズン、関西学院大学はスクラムに力を入れてきた。

中孝祐(東海大仰星、WTB)ら決定力のあるバックスも備える。互いに自信を持っているスクラムが、勝敗を左右することは間違いないだろう。

大西監督念願の大学日本一を達成するために、関西で負けるわけにはいかない。

調子が上がったチームに伊藤鐘平キャプテンが合流できれば、1998年以来の関西リーグ優勝、初の大学日本一が見えてくる。成長を続ける京産大から、目が離せない。

文/写真:岩田悠吾(京産大アスレチック)

代替画像

京産大アスレチック

京都産業大学体育会本部編集局は年4回、「京産大アスレチック」という体育会の広報新聞を作成しています。また、SNSなどを活用し、試合速報やブログ記事の更新、号外・試合告知ポスターの発行を行っています。 »HP »Twitter »Facebook

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ