人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー ニュース 2019年8月19日

開幕戦で日本と戦うロシア、テストマッチでイタリアに大敗。ラグビーワールドカップ

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

なお、イタリア代表とロシア代表は過去に2011年のワールドカップで対戦し、53-17でイタリア代表が勝利している。

試合はイタリア中部のサン・ベネデット・デル・トロントにあるスタディオ・ディ・リヴィエラ・デッレ・パルメでキックオフされた。

イタリア代表が序盤に規律が乱れ、前半3分、SOガイシンのPGでロシア代表が0-3と先制する。

しかし、ここからホームの声援を背にイタリア代表が攻撃に転じる。8分、モールを形成しFL(フランカー)ジェイク・ポレドリがラインブレイク、パスを受けたCTBルカ・モリージがゴール下までボールを運んでトライ。

SOアランのゴールも決まり、8-3と逆転に成功。さらに16分、マイボールラインアウトをキープしたイタリア代表は左に展開し、SHティト・テバルディから最後はキャプテンのNO8パリッセが走り込んでトライ。ゴールも決まり16-3とする。

だが、ロシアも直後の18分、自陣でのマイボールスクラムから出たボールをキープ、CTBオストロウシコが敵陣5メートルまで突破。

ラックからSHペロフ、SOガイシンの左へのキックパスをPR(プロップ)キリル・ゴロスニツスキーがキャッチしてトライ。ゴールは外れたが5点を返し、16-8と追い上げる。

しかし、ここからはアッズーリの一方的な展開となる。25分、モールで押し込み、SHテバルディ、SOアラン、ニュージーランド出身のFBジェイデン・ヘイワード、WTBマッティア・ベリーニと右に大きく展開し、ベリーニがトライ。

さらに28分、再びラックからボールを繋いで、WTBベリーニが連続トライ。2トライ1ゴールで12点を追加し28-8とした。

イタリア代表は前半終了間際の37分にWTBミノッツィがキックしたボールを自ら拾ってトライ、40分にはFBヘイワードのトライと、前半だけで7トライを挙げて38-8とロシア代表を大きく突き放して勝負を決めてしまった。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ