人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年8月13日

南アフリカがW杯イヤーの南半球王者!ザ・ラグビーチャンピオンシップ2019

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

ザ・ラグビーチャンピオンシップ2019 アルゼンチン vs. 南アフリカ ハイライト

ファースト・スクラムこそ反則を取られたものの、2本目以降は優勢。アルゼンチンはアングルの反則を犯してPG加点を許すなど、スクラムが失点の原因にもなった。

南アフリカは4点リード(17-13)で迎えた前半終了間際、フォワードの近場攻撃から、身長189センチのSOポラードがギャップを突いてトライ。24-13で後半へ向かった。

後半2分にも3点を追加した南アフリカは、同8分にSHファフ・デクラークがシンビン(10分間の一時退出)となったが、14人となった同13分。

LOフランコ・モスタートの突破から、ハーフの代役となったWTBチェスリン・コルビのパスを受け、SOポラードが接点に突っ込み自身2トライ目。32-13

さらに後半24分に1トライを加えると、同27分にもハードワーカーのFLピーター=ステフ・デュトイが抜けだし、右外でパスを受けたWTBコルビがフィニッシュした。

最終スコアは46-13。

アルゼンチンはラインアウトモールを再三押し戻されるなどしてスコアができず、なんと後半無得点。この日のスプリングボクスは堅守も光った。

南アフリカは文句なしの快勝で、TRC初制覇。前身大会のトライネーションズを含めると2009年以来10年ぶりの載冠となった。

上昇ムードの南アフリカは、9月6日(金)、埼玉・熊谷ラグビー場で、こちらもパシフィック・ネーションズカップで優勝して“環太平洋王者”となり、自信を深めている日本代表と対戦する。

環太平洋王者vs.南半球王者のビッグマッチまで、まもなくだ。

多羅正崇

多羅 正崇

スポーツライター。法政二高-法政大学ではラグビー部に所属。大学1年時にU19日本代表候補に選出される。法政大学大学院日本文学専攻卒。現在は「ラグビーリパブリック」「Number web」等に記事を寄稿。ユーモアエッセイストとしても活動中。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ