人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年8月13日

南アフリカがW杯イヤーの南半球王者!ザ・ラグビーチャンピオンシップ2019

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line
アルゼンチン vs. 南アフリカ

▼アルゼンチン×南アフリカ
▼ザ・ラグビーチャンピオンシップ2019最終戦(第3節)/現地時間8月10日(土)/サルタ(アルゼンチン)
▼日本代表が9月6日に対戦する南アフリカが大会初優勝!上昇ムードでW杯へ。

南アフリカ代表“スプリングボクス”が、9月20日(金)開幕のワールドカップ(W杯)日本大会へ弾みをつけた。

現地時間8月10日、南半球4か国対抗戦「ザ・ラグビーチャンピオンシップ」(TRC)の最終戦(第3節)が行われ、1勝1敗(勝点7)の南アフリカが、0勝2敗(勝点2)のアルゼンチン代表“ロス・プーマス”と激突した。

試合前にニュージーランドがオーストラリアに26-47で負けたため、南アフリカは勝てばTRC初優勝が決まる状況。初載冠の気運が高まるなか、スプリングボクスは5トライを奪い、南米の雄を粉砕した。

先制はアルゼンチンだった。

前半2分、SOニコラス・サンチェスが防御網を突破。さらに右大外へクロスキックを落とし、WTBサンティアゴ・コルデーロが鮮やかにグラウンディング。

SOサンチェスは右スミのコンバージョンもしっかりと決め、7点を先制した。

一方、敵陣で反則があれば確実にPG(ペナルティゴール)を狙う南アフリカは、前半9分に絶好調のSOハンドレ・ポラードがショット成功。その後、前半だけで3本のPG(ペナルティゴール)を成功させた。

さらに前半13分、南アフリカはラインアウトモールで押し込みHOボンギ・ンボナンビが逆転トライ(ゴール失敗)。7-8

そして、この日圧倒的だったのが南アフリカのスクラム。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ