人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年7月22日

近鉄が躍進。釜石は価値ある1勝。トップリーグカップ2019プール戦を振り返る。

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

【プールB】
1位 東芝:勝点23(5勝0敗)
2位 NTTコミュニケーションズ:勝点20(4勝1敗)
3位 ヤマハ発動機:勝点16(3勝2敗)
4位 NTTドコモ:勝点10(2勝3敗)
5位 宗像サニックス:勝点4(1勝4敗)
6位 九州電力:勝点1(0勝5敗)

1位は開幕節でNTTコムに7点差(31-24)、第2節でヤマハ発動機に3点差(24-21)で連勝した東芝が入った。

NTTコムは敵地でヤマハ発動機に31-19で競り勝ち、結果的に2位に入っている。

NTTドコモは2連勝後、TLチームに3連敗してしまい4位。宗像サニックスは九州電力から1勝を奪って5位となった。

立川理道

第3節よりクボタスピアーズ 立川理道

【プールC】
1位 クボタ:勝点23(5勝0敗)
2位 キヤノン:勝点20(4勝1敗)
3位 コカ・コーラ:勝点14(3勝2敗)
4位 釜石シーウェイブス:勝点9(2勝3敗)
5位 三菱重工相模原:勝点7(1勝4敗)
6位 トヨタ自動車:勝点0(0勝5敗)

全勝対決だった第4節キヤノン戦を27-21で勝利したクボタが1位となっている。キヤノンは最終節で三菱重工相模原に勝ちきり、2位をキープ。

TCLのコカ・コーラは、TLチームの三菱重工相模原に勝利(25-24)して、順位でも上回った。

同じく釜石シーウェイブスも三菱重工相模原から1勝(28-14)をもぎ取った。前半を怒濤の3連続トライで21-0で折り返すと、後半は猛攻を受けながら逃げ切った。

ワールドカップ日本大会の12開催都市のひとつである釜石。ワールドカップ前に大会2勝(1勝は不戦勝)で、4位フィニッシュを遂げた。

一方で、昨季TL昇格の三菱重工相模原は不戦勝による1勝という結果となった。2020年1月からのトップリーグで、熱烈な応援団へTL勝利を届けたい。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ