人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年7月17日

オールブラックスを体感する映像詩。ドキュメンタリー ~The REAL~【ラグビー ニュージーランド代表】オールブラックスのルーツを求めて

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

ドキュメンタリー ~The REAL~【ラグビー ニュージーランド代表】オールブラックスのルーツを求めて

2004年から2011年までコーチを務めた名将グラハム・ヘンリーが、オリジナルズの重要性を補足する。

「この国を世界に知らしめたのは、世界大戦とラグビーです。その始まりが1905年のチームで、国民にとって生活の一部となりました」

オリジナルズの大成功によって、国の英雄となったオールブラックス。 ラグビーはやがて国全土の奥深くまで根を張り、唯一無二の豊穣なラグビー文化が形作られていく。

番組ではそのラグビー文化を多角的に照らし出す。

名門クライストチャーチ・ボーイズ高出身の不滅の名司令塔、ダン・カーターが語る、王国の学生ラグビー。 南島の田舎町クロウで育ったリッチー・マコウが証言する、地方出身のキーウィ(ニュージーランド人)。 サモア人の両親を持つタナ・ウマンガが語る、太平洋諸島の血を引くオールブラックス。 またオールブラックスのマネージャー、ギルバート・エノカは、先住民マオリ文化の真髄と共に、2005年にお披露目された新ハカ「カパ・オ・パンゴ」の誕生秘話を明かしてくれる。

「オークランドでの控え室でのことです。『ハカは自分たちとは関係ない』と選手が言い出したのです。『すぐにハカを終わらせるべきだ』と」(エノカ オールブラックスマネージャー)

「ある者はなるべく早くハカを終わらせて、試合に臨むべきだと言っていました」(タナ・ウマンガ)

「誰のためにやるのか分からなかったんだ」(リッチー・マコウ)

無敵オールブラックスにも迷走の時期があった。驚くべき真相は、その目で確かめてみてほしい。

ジェイ・スポーツでは「ドキュメンタリー ~The REAL~【ラグビー ニュージーランド代表】オールブラックスのルーツを求めて」をJ SPORTSオンデマンドで配信中だ。

なぜオールブラックスは強いのだろう――。その答えを視覚的、論理的に理解できることはもちろん、それ以上のものを受け取ることができるだろう。

多羅正崇

多羅 正崇

スポーツライター。法政二高-法政大学でラグビー部に所属し、大学1年時にはU19日本代表候補に選出される。法政大学大学院日本文学専攻卒。現在は「ラグビーリパブリック」「Number web」等に記事を寄稿。≫Twitterアカウント ≫noteアカウント

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ