人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年6月14日

プレーオフ行きを決める勝ち点争いに注目!サンウルブズの全力を出し切る戦いが見たい スーパーラグビー2019 最終節の見どころ

村上晃一ラグビーコラム by 村上 晃一
  • Line

参戦4年目でSAカンファレンス1位に輝いたジャガーズ(アルゼンチン)の成長は著しい。ほぼアルゼンチン代表で戦い続け、スーパーラグビーでの強化を、そのままラグビーワールドカップ(RWC)日本大会につなげようとしている。前節はシャークス相手に多彩な攻撃を仕掛け、34-7で快勝した。プロクラブリーグのスーパーラグビーと、国の威信をかけて戦うRWCは別モノとはいえ、ジャガーズとプーマス(アルゼンチン代表)がほぼ同じメンバーである以上、間違いなく選手の自信になっているだろうし、組織プレーも磨かれているはずだ。「死のプール」と言われるRWC予選プールCで、イングランド、フランスの脅威になることは間違いない。

そのジャガーズは、1位通過が決まったこともあり、18節のサンウルブズ戦には大きくメンバーを変えてきた。HOアグスティン・クレービー、FLパブロ・マテーラ、CTBヘロモニ・デラフェンテ、FBエミリアーノ・ボフェリらキーマンは出場しない。23歳のSOドミンゴ・ミオッティら経験の浅い選手と、36歳のFLファン=マヌエル・レギサモン、29歳のFBホアキン・トゥクレットら経験豊富な選手を組み合わせた布陣だ。

文:村上 晃一

ラファエレ・ティモシー

ワールドカップでの活躍が期待されるラファエレ・ティモシー

対するサンウルブズは、RWCでの活躍が期待されるCTBラファエレ・ティモシーが先発。前節活躍したFL長谷川崚太松橋周平も先発する。「ジャガーズは今年非常に調子が良いチームです。規律がとれ、スキル、フィジカルがあり、テンポのいいラグビーで勝利しています。今季最終戦、とにかくチームを信じ、自分自身を信じ、サンウルブズのラグビーを発揮すれば勝機はあると思っています。しっかりとチームで団結し、ジャガーズを倒したいと思います」(松橋周平)。また、合流したばかりのPR三浦昌悟がリザーブ入り。出場すれば、サンウルブズでのデビューとなる。「今季、最初で最後のサンウルブズのメンバーとして出場する試合になりますが覚悟を決めてやり切りたいです」。

今シーズンは、プレーオフ進出を目指しながら、3月に2020年限りでのスーパーラグビー除外が決まり、スタッフ、選手にとって気持ちの作り方が難しいシーズンだった。それでも前節はストーマーズ相手に健闘。日本代表資格のある選手を軸に攻守によく前に出た。最終戦も序盤からアグレッシブに攻め、全力を出し切る戦いを期待したい。

文:村上 晃一

村上晃一

村上 晃一

ラグビージャーナリスト。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。現役時代のポジションは、CTB/FB。86年度、西日本学生代表として東西対抗に出場。87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ