人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年6月9日

令和初の「早明戦」は明治が勝利。ラグビー関東大学春季シーズン

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

◆明治キャプテンHO(フッカー)武井日向

勝ち切れたこと、FWのセットプレーは良かったですが、今日のテーマである「ハイクオリティー」、質の部分だったのですが、ミスしたりノックオンしたりしてしまった。

今年のテーマでもあるディテールの部分は、まだまだだなと思います。帝京大学戦でケガをして、実力で上がってきたりした選手もいましたが、違うメンバーが入ってもクオリティーを保てなかったのが課題です。

シーズン中も同じような場面もあると思いますので、言い訳はできない。いろんな選手が伝統の一戦を体験できたのはチームとして収穫でした。

◆早稲田ゲームキャプテンFL(フランカー)幸重天

(大分舞鶴出身で故郷での試合ということで)思い入れもあったので、昨年度、(大学選手権の準決勝で)負けていたので気持ちは入っていたのですが、十分プレーできず、(途中交代で)チームに迷惑をかけてしまった。

ゴール前で粘れていた部分があったが、(中盤の)ディフェンスのところで1対1で食い込まれて相手のやりたいリズムで攻められたのが課題です。

まずは1対1で当たり負けないフィジカルを鍛えた上で、自分たちのディフェンスシステムを激しく厳しく積み上げていきたい。

◆Aグループ
○慶應義塾大 43-12 大東文化大学●
△流通経済大 19-19 東海大学△

◆Bグループ
○青山学院大 37-29 ●法政大(青山学院大G)

◆Cグループ
○日本体育大学 22-21 成蹊大学●
○専修大学 48-10 立教大学●
●関東学院大 31-55 中央大学○

◆第8回大分県ラグビーフェスティバル
○明治大学 29-14 早稲田大学●

文/写真:斉藤健仁

斉藤健仁

斉藤 健仁

スポーツライター。1975年生まれ、千葉県柏市育ち。ラグビーと欧州サッカーを中心に取材・執筆。エディー・ジャパン全試合を現地で取材!ラグビー専門WEBマガジン「Rugby Japan 365」「高校生スポーツ」の記者も務める。学生時代に水泳、サッカー、テニス、ラグビー、スカッシュを経験。「エディー・ジョーンズ 4年間の軌跡」(ベースボール・マガジン社)、「ラグビー日本代表1301日間の回顧録」(カンゼン)など著書多数。≫Twitterアカウント

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ