人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年5月10日

早稲田、『荒ぶる』に向け初戦は東海と対戦。ラグビー関東大学春季大会

ラグビーレポート by 早稲田スポーツ新聞会
  • Line

FW陣では副将である幸重を始め、FL柴田徹(社4=神奈川・桐蔭学園)や、昨年度はLO(ロック)での出場機会が多かった下川甲嗣(スポ3=福岡・修猷館)、NO8(ナンバーエイト)丸尾崇真(文構3=東京・早実)ら、チームのために献身的にプレーすることができる選手が多いことも特徴の1つだ。

昨年はフロントローに4年生が多く在籍していた。セットプレーの安定を図るにはフロントローの活躍は不可欠。

高校日本代表に選出された経験を持つPR(プロップ)久保優(スポ3=福岡・筑紫)、U20日本代表に選出されたPR小林賢太(スポ2=東福岡)を始め、どの選手が台頭してくるか注目だ。

久保は定位置奪取となるか

一方のラインアウトに関して相良南海夫監督(平4政経卒=東京・早大学院)は「背が高く、大きい相手にどのようにマイボールを獲得するか」と昨年度の課題を語った。

今季は昨年度に比べ、行うラグビーのスタイルに大きな変更点はない。スローガン『Moving』の元で意識できたことをベースとしてチーム作りを進めていく。

相良監督は「チームのスタンダードを上げていきたい」と方針の一部を示した。そのため、春シーズンは例年以上に選手たちそれぞれにとって重要な時期となるだろう。

齋藤主将も「勝つという姿勢の部分は絶対に忘れずに春シーズンを過ごしたい」と意気込みは十分だ。春季大会の初戦は強力なFWを擁する東海大学。昨年は菅平で行われた夏合宿で対戦があり、21-28で逆転負けを喫している。

早大は今月2日に行われた摂南大学戦では、セットプレーで全てのボールを獲得に成功。東海大戦では、より高いレベルでセットプレーを安定させることができるか。春季大会初戦からFW陣の真価が問われる試合になるだろう。

11年ぶりの『荒ぶる』に向けて早大挑戦の1歩が始まる。

早稲田大学と東海大学の試合は、5月12日(日)午後0:55かた、J SPORTSオンデマンドでLIVE配信される。

記事:小田真史/写真:元田蒼氏(早稲田スポーツ新聞会)

早稲田スポーツ新聞会

早稲田スポーツ新聞会

1959(昭和34)年創刊。人気の野球、ラグビーを中心に早大体育会44部をくまなく取材し、年12回の新聞発行およびWebやSNSによる情報発信を行う。現在部員170名で活動。»早スポHP»Twitter»Facebook

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ