人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年5月9日

天理、帝京の連覇を止めた関西の雄は今季も強力。ラグビー関西大学春季トーナメント

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

一方、元日本代表のNO8河瀬泰治監督率いる摂南大学も、今シーズンの目標を大学選手権出場に掲げて、4月からオープン戦を戦ってきた。4月14日には中京大学に28-24で勝利してHO瀬戸伊織(4年)キャプテンの初陣を飾った。

続く21日に、同じ関西Aリーグのライバルである近畿大学に45-24で勝利し、30日には関東リーグ戦の専修大学に45-31と3連勝を果たした。ただ、5月2日には昨年度の対抗戦優勝の早稲田大学に0-72で敗れている。

摂南大学で注目したいのはトンガやフィジーからの留学生の選手たちである。4年生になったバックローのタンギパ・タリフォロフォラ、マタエナ・イエレミアはFWの核となっている。

そしてジュニア・ジャパンでも試合に出場していた日本代表の父を持つSO/WTBヴィリアミ・ツイドラキ、7人制日本代表合宿の練習生としても招集されたCTBテビタ・タイ(ともに2年)は昨年度、1年生からチームの中核として活躍していた。

天理大の突破をどう止めるかがカギ

摂南大としては、日本人選手が留学生たちにいい形でボールを渡してトライを狙いたいところだ。また、相手にも突破力のある選手も多く、ディフェンスで粘ること、さらにセットプレーでどこまで戦うことができるか大きな焦点になろう。

昨年度の関西王者である黒衣の軍団の優位は動かない。天理大としては、新しいコンビネーションを試しつつ、徐々に調子を上げていきたいところだ。

Aリーグに復帰した摂南大としては、チャレンジャーの姿勢を貫き、少しでも接戦に持ち込むことができるだろうか。

ワールドカップイヤーである2019年のラグビー関西大学Aリーグ春季トーナメント 1回戦 天理大学vs.摂南大学戦は、5月12日(日)午後4時からJ SPORTSオンデマンドで配信される。

斉藤健仁

斉藤 健仁

スポーツライター。1975年生まれ、千葉県柏市育ち。ラグビーと欧州サッカーを中心に取材・執筆。エディー・ジャパン全試合を現地で取材!ラグビー専門WEBマガジン「Rugby Japan 365」「高校生スポーツ」の記者も務める。学生時代に水泳、サッカー、テニス、ラグビー、スカッシュを経験。「エディー・ジョーンズ 4年間の軌跡」(ベースボール・マガジン社)、「ラグビー日本代表1301日間の回顧録」(カンゼン)など著書多数。≫Twitterアカウント

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ