人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年4月27日

「走り勝つ」。大東文化大学、新たなスタイルで新たなスタート。ラグビー関東大学春季リーグ

ラグビーレポート by スポーツ大東編集部
  • Line

また、昨季を通して課題として挙げられていた、プレーの精度については今季でも重要なポイントとなるだろう。試合で精度の良いプレーをし、ミスを出さない。チームとして徹底するために佐々木主将が心がけるのは、練習で自ら率先して意識すること。

練習から細かいプレーにまで気を配り、それを自らが示す。仮に練習においてでも怠慢なプレーをすれば、意識はなくとも自然とチーム全体に広がってしまう。

後輩や留学生とのコミュニケーションの重要性や、ならではの苦労が多いことなども、主将になって初めて気が付いたと言う。

春季大会において大東文化は、帝京大学や早稲田大学などの強豪校がひしめくAグループに属する。どれも厳しい展開が予想されるが、リーグ戦王者奪還と、25年ぶりの大学日本一を目指すために、まずはチームの再強化が春の課題となるだろう。

『One Team』となって春を戦う

「成長できる、いや、成長していかなければならないチーム。みんなで助け合い、チームのスローガンである『One Team』になりながら、一戦一戦大切に戦って成長していきたい」と佐々木主将は意気込む。

4月28日から始まる春季大会初戦の相手は、昨季のリーグ戦決勝においてラストワンプレーで勝ち越しを許し、大東文化の連覇を阻んだ東海大学。FWとBKともに一筋縄ではいかない相手だ。

宿敵へのリベンジはもちろん、大東文化の『走り勝つ』という戦いのスタイルにも注目し、新たなスタートにも期待したい。

ラグビー関東大学春季大会、大東文化大学vs.東海大学戦は、4月28日(日)午後4:00から、J SPORTSオンデマンドで配信される。

文/写真:馬場修平(スポーツ大東)

スポーツ大東編集部

スポーツ大東編集部

1967年創刊。大東文化大学体育連合会所属。ラグビー部や陸上競技部、テコンドー部など国内外で活躍する「大東スポーツ」を、年4回の新聞発行やブログ、Twitterで学生たち自ら情報を発信する。現在活動している部員数は14名。随時部員募集中。
»Twitter »ブログ

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ